「マウソロス」の版間の差分

定義部
m (r2.7.3) (ロボットによる 追加: ka:მავსოლე)
(定義部)
'''マウソロス'''(希:Μαύσωλοςあるいは{{lang-grc|Μαύσωλος / Μαύσσωλος}}、ラテン文字転記:Mausolos/Maussolos、?-[[紀元前353年]])は、[[カリア]]の王である。形式上は[[サトラップ|太守]]として[[アケメネス朝]][[ペルシア帝国]]に服属していたが、事実上の独立状態であった。
 
マウソロスは先代の王[[ヘカトムノス]]の長男で、弟として[[ヒドリエウス]]と[[ピクソダロス]]、姉妹として[[アルテミシア]]と[[アダ]]がいる。マウソロスはアルテミシアと、ヒドリエウスはアダと結婚した<ref>ストラボン, XIV. 2. 17</ref>。[[ディオドロス]]の記述から計算するならばマウソロスが王位を継承したのは[[紀元前377年]]であるが、彼の名が始めて歴史の主で舞台に出たのは[[紀元前362年]]であり、その時マウソロスは[[小アジア]]で多くの太守が[[ペルシア]]に反旗を翻す所謂「サトラップの大反乱」の中心的人物の一人であった<ref>ディオドロス, XV. 90</ref>。