メインメニューを開く

差分

陸奥権守[[従六位#従七位|従七位下]]に叙せられ後、[[散位]]。亘理権大夫(わたりのごんのたいふ)と称したと言われている(大夫は五位の[[官人]]の異称)。『[[尊卑分脈]]』によれば「亘権守・亘理権大夫」とあるが、「権大夫」という職位がどんな役職であるか、実際にどのような官職であったか判明していない。ただ、子の清衡も権大夫<ref>http://www.ktmchi.com/rekisi/cys_41_21.html</ref>であったこともあり、地位を証明する信頼の置ける史料は現存していないが、[[在庁官人]]として陸奥国府[[多賀城]]に勤務していたと見られている。
 
その名が登場する史料は、長年『[[陸奥話記]]』のみとされており、藤原姓も私称ではないかとされてきたが、近年、[[永承]]2年([[1047年]])の五位以上の[[藤原氏]][[交名]]を記した『[[造興福寺記]]』に「経清六奥(六奥は陸奥の意)」と見えることが指摘されている。この史料によると、少なくとも藤原氏の一族の係累に連なる者と中央の藤原氏からも認められており、[[従五位]]に昇し散位ではあったようである。
 
[[長久]]元年([[1040年]])より数ヵ年国府の推挙により、[[修理職|修理大夫]]として在京し、[[陸奥守]][[藤原登任]]の下向に同行したとの説がある。[[俘囚]]長で[[奥六郡]]の支配者である[[安倍頼良]](頼時)の娘(史料では「有加一乃末陪」と記載されている)を妻に迎え、曰理(わたり、現宮城県亘理郡)の[[鹿島神社]](現亘理町逢隈字鹿島)付近に居を構え、荘園経営を行うと同時に交通の要衝を支配し関所に金銀山米銭寺という寺社を建立し、そこを通過するものから高い交通税を課し財力を蓄えていたとされ<ref>[[菅野円蔵]]『大鳥城記』[[山川出版社]]、1970年</ref>、さらに[[平国妙]]の外戚と言う記述が『[[奥州御舘系図]]』に見えることから2,3代以前から奥州に土着していたとするのが自然であるとする考えもある<ref>[[高橋富雄]]『<small>奥州藤原四代</small>平泉』[[教育社]]、1993年、ISBN4-315-40158-7</ref>。
匿名利用者