「第七の封印 (映画)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる: 良質な記事へのリンク de:Das siebente Siegel)
m編集の要約なし
| 次作 =
}}
『'''第七の封印'''』(だいななのふういん、原題:{{lang-sv|''Det sjunde inseglet''}}、{{lang-en|''The Seventh Seal''}})は、[[1957年の映画|1957年]]製作の[[スウェーデンの映画|スウェーデン映画]]。[[イングマール・ベルイマン]]監督作品。日本では[[1963年]][[11月9日]]に公開された
 
土着信仰と[[キリスト教]]信仰が混在する[[中世]]の[[北ヨーロッパ|北欧]]を舞台に、[[十字軍]]の遠征から帰途についた[[騎士]]と[[死神]]の対決を通して[[神]]の存在を問い掛けた作品。
12,535

回編集