「Dnsmasq」の版間の差分

最新評価版=2.63rc1
m (r2.7.2+) (ロボットによる 追加: fr:Dnsmasq)
(最新評価版=2.63rc1)
|開発元=
|初版={{Start date and age|2001}}
|最新版=2.6062
|最新版発表日={{release date and age|2012|6|6}}<ref>{{cite mailing list |url=http://lists.thekelleys.org.uk/pipermail/dnsmasq-discuss/2012q2/005958.html |title=Announce: dnsmasq-2.62.|date=Wed Jun 6 20:55:44 BST 2012 |accessdate=2012-11-29 |mailinglist=Dnsmasq-discuss |last=Simon |first=Kelley |authorlink= }}</ref>
|最新版発表日={{release date and age|2012|3|5}}
|最新評価版=2.61rc163rc1
|最新評価版発表日={{release date and age|2012|6|29}}<ref>{{cite mailing list |url=http://lists.thekelleys.org.uk/pipermail/dnsmasq-discuss/2012q2/005958.html |title=Announce: dnsmasq-2.63rc1|date=Sun Jul 29 20:37:24 BST 2012 |accessdate=2012-11-29 |mailinglist=Dnsmasq-discuss |last=Simon |first=Kelley |authorlink= }}</ref>
|最新評価版発表日={{release date and age|2012|4|5}}
|プログラミング言語=
|対応OS= [[UNIX系]]
|エンジン=
|対応プラットフォーム=[[クロスプラットフォーム]]
|サイズ=
|対応言語=
|サポート状況=開発中
|種別=[[DNSサーバ]]
|ライセンス=[[GNU General Public License]]
*Dnsmasqの[[キャッシュ (コンピュータシステム)|キャッシュ]]に[[IPアドレス|インターネットアドレス]](Aレコード、AAAAレコード)、ドメインネーム対アドレスの対応を保持するので、対外にあるDNSの負荷分散に貢献できる。
*Dnsmasqは[[Point-to-Point Protocol|PPP]]やDHCPの設定より対外にあるDNSのアドレスを端末に通知することができる。すなわち端末の設定でDNSの構成が自動的に行える。
*[[IPv6]]にも対応していおり、IPv6経由で対外にあるDNSの問い合わせが可能である。またIPv6とIPv4混在する環境に、IPv6からIPv4あるいはIPv4からIPv6のフォワーダとしても機能する。
*Dnsmasqでは特定のドメイン上にあるDNSに問い合わせを行う。すなわち対外と対内のDNSを容易にシステム統合できる。
*Dnsmasqでは[[MXレコード]]と{{仮リンク|SRVレコード|en|SRV record}}をサポートしている。そして対内にある端末に対してMXレコードを返すように設定する事もできる。
 
==参考文献==
{{Refbegin}}
*{{cite web|url=http://www.thekelleys.org.uk/dnsmasq/doc.html|title=Dnsmasq - a DNS forwarder for NAT firewalls.|language=英語|date=2011-2-18|accessdate=2011-05-13}}
<!--初稿では、ほぼ単一の文献に依存しています。つきましては加筆のほどよろしくお願いします。-->
{{Refend}}
 
==外部リンク==
* [http://www.faqs.org/rfcs/rfc3397.html RFC 3397 - Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) Domain Sea]
 
==脚注==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
[[Category:ドメイン名]]
[[Category:サーバ]]
匿名利用者