「ヘイデン・ペン」の版間の差分

m
球団公式サイトのリンクを追記しました。
m (球団公式サイトのリンクを追記しました。)
{{by|2009年}}4月1日、[[ロバート・アンディーノ]]との交換トレードで[[フロリダ・マーリンズ]]に移籍。
 
{{by|2010年}}3月、マーリンズからウェーバーにかけられ[[ピッツバーグ・パイレーツ]]が獲得。ペン自身初の開幕ロースター入りを果たす。しかし、開幕直後から打ち込まれ、ウェーバーにかけられるも獲得球団がなく、傘下のAAA、[[インディアナポリス・インディアンズ|インディアナポリス]]に降格。同年7月22日、[[千葉ロッテマリーンズ]]が獲得を発表した<ref>[http://www.marines.co.jp/news/detail/5357.html ヘイデン・ペン投手の入団について] - 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト] 2010年7月22日</ref>。
 
同年8月8日、ロッテの外国人投手としては3人目の初登板初先発初勝利を記録した。しかしその後は勝ち星に恵まれず、同年9月4日の対[[北海道日本ハムファイターズ]]戦([[千葉マリンスタジアム]])では[[ダルビッシュ有]]と投げ合い、18個の内野ゴロを打たせるなど10回無失点の快投を見せるも勝ち星はつかず、シーズン中は上記の1勝に終わった。しかし、[[2010年の日本シリーズ]]では第5戦(対[[中日ドラゴンズ]]戦)で先発すると、6回途中2失点の快投で見事勝ち星を挙げた。
 
{{by|2011年}}は右肘の違和感のため5月にアメリカに帰国し、[[離断性骨軟骨炎|肘のクリーニング]]手術を受けた。9月には一軍に復帰したものの、登板は4試合にとどまった。2012年は一軍登板がなく、同年11月30日に戦力外通告を受けた<ref>[http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/headlines/20121130-00000105-jij-spo.html ペンとマシスを戦力外=プロ野球・ロッテ]スポーツナビ・共同通信、2012年11月30日閲覧。</ref><ref>[http://www.marines.co.jp/news/detail/10516.html マシス投手、ペン投手との来季契約について] - 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2012年11月30日</ref>。
 
== プレースタイル ==
8,154

回編集