「満月」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: vep:Täuz'kudan')
{{Otheruses|満月|1991年公開の映画|満月 (映画)}}
{{右|
[[ファイル:Full moon.png|thumb|rightnone|満月]]
[[ファイル:Mond Grafik1.jpg|thumb|leftnone|150px200px|地球・月・太陽の位置関係。満月は5の月]]
[[ファイル:Lunar-eclipse-09-11-2003.jpeg|thumb|none|200px|月食は満月時のみに起こる現象]]
}}
'''満月'''(まんげつ)とは、[[月]]と[[太陽]]の[[黄道座標|黄経]]差が180度となること、あるいはその瞬間。これを'''望'''(ぼう)ともいう。またこの時に見られる月の形をも指す。これを'''望月'''(ぼうげつ・もちづき)、'''盈月'''(えいげつ)ともいう。
月齢15日目の'''十五夜'''(満月)は、ほぼ日没とともに東の空に昇り、明け方には西の空に沈むが、これ以降は月の出がおよそ50分ずつ遅くなる(即ち[[新月]]では、太陽と同じく朝に出てきて夕方には沈む)。
 
== 天文 ==
[[ファイル:Mond Grafik1.jpg|thumb|left|150px|地球・月・太陽の位置関係。満月は5の月]]
満月の時、月と太陽は地球を間において反対側にある。これが完全に直線上に乗れば[[月食]]が起こる。満月の日周運動は春と秋、夏と冬を逆にした太陽の日周運動とほぼ同じである。[[天体の出没|日没]]頃に昇り、夜半に南中し、日の出頃に沈む。[[日本]]では、[[夏]]は南東から昇って低く南の空を横切る。[[冬]]は北に寄り、南中時の満月は天高く位置する。春分・秋分頃は真東あたりから昇り真西あたりに沈む。
 
 
== スーパームーン ==
{{節stub}}
<!--{{main|スーパームーン}} ((リンク切れ))-->
地球を周回する月の[[公転]]軌道が[[楕円]]のため地球と月の距離は変化しているが、中でも地球に最も近づいたとき(近地点)に満月または[[新月]]を迎えることを'''スーパームーン''' ([[:en:Supermoon]]) と呼ぶ。以下、満月時について解説する。
 
元々は[[占星術]]の概念ということもあり、スーパームーンの時には大規模な[[自然災害]]や社会的な暴動など不吉なことが起こると一部で騒がれているが、実際には潮位の[[潮汐|干満]]差が少し大きくなる程度で、これらの関連付けは科学的根拠がないものである<ref name="karapaia120502" /><ref name="kotobank-supermoon" />。ただし、深さ40km以内の比較的浅い地点で起こる[[地震]]については、月の[[引力]]により[[断層]]にかかる力が大きくなればなるほど地震が発生しやすくなるという学説が過去に発表されている<ref>月の引力が地震を誘発、日本の研究員ら米科学誌に発表(読売新聞 2004年10月22日)</ref><ref>米科学誌[[サイエンス]]電子版 2004年10月22日、[[防災科学技術研究所]]田中佐千子ら・米[[カリフォルニア大学ロサンゼルス校]]</ref>。
{{節stub}}
 
== 注釈 ==
匿名利用者