「FreeCAD」の版間の差分

仮リンク、内部リンク、abbr
(仮リンク、内部リンク、abbr)
| スクリーンショット = [[File:FreeCad 0.10 detail screenshot.jpg|250px]]
| 説明文 =
| 初版 = {{Start date|2002|10|29}}
| 最新版 = 0.12
| 最新版発表日 ={{Release date and age|2011|12|20}}
| 最新評価版 = 0.13
| プログラミング言語=[[C++]]{{・}}[[Python]]{{・}}[[FORTRAN]]
| 開発者 = Juergen Riegel, Werner Mayer
| 開発元 =
| 対応OS = [[Linux]]、[[Microsoft Windows|Windows]]
|エンジン={{仮リンク|Open CASCADE|en|Open CASCADE}}{{-}}{{仮リンク|Coin3D|en|Coin3D}}{{-}}[[Open Dynamics Engine]]
|サポート状況=開発中
|対応言語=[[英語]]{{・}}[[フランス語]]{{・}}[[ドイツ語]]{{・}}ほか全23ヶ国語。
| 対応プラットフォーム = [[クロスプラットフォーム]]
| 種別 = [[CAD|三次元CADソフト]]
| ライセンス = [[GPL]] / [[LGPL]]
| 公式サイト = {{URL|free-cad.sourceforge.net}}
}}
'''FreeCAD'''は、汎用の[[3次元|3D]] [[CAD]] [[モデラー]]である。[[フリーソフト]](GPL & LGPLライセンス)である。
FreeCADは、まさに機械技術者やプロダクトデザイン向けであるが、建築や他の工学専門といったエンジニアリング全般の幅広い分野に適応する。
FreeCADは、現在、開発途中で[[ベータ版]]の段階にある。
[[File:Bearing freecad.png|thumb|left| 3D model of a ball bearing in FreeCAD 0.10.]]
FreeCADは、[[CATIA]]、Creo、[[Autodesk Inventor]]、[[SolidWorks]] や[[Solid Edge]]に似たようなツールを備えており、それ故、また{{Abbr|MCAD|Machine computer aided design}}{{仮リンク|製品ライフサイクル管理|Product lifecycle management|label=PLM}}CAX{{仮リンク|コンピュータ支援|en|Computer-aided|label=CAx}}と[[CAE]]のカテゴリに分類される。
これは、コアシステムを変更せずに追加機能を容易に提供する[[モジュール|モジュラソフトウェア]]・[[コンピュータ・アーキテクチャ|アーキテクチャ]]を持ったフィーチャーベースパラメトリックモデラーであることを意図している。
 
多くの現代の3D CADモデラーと同様に、それは2D製作図面を作成するための3Dモデルからデザインの詳細を抽出するための2Dコンポーネントを持っていませんが、([[AutoCAD]] LTのような)直接の2D図面は、フォーカスとしていなし、(Blender([[Blender]]のような)アニメーションや、([[Maya]]、[[3ds Max]]または[[Cinema 4D]]のような)有機的な形状をもフォーカスとしていない。しかしながら、その広い適応性のおかげで、FreeCADは、その現在のフォーカスよりはるかに広い領域で有用になるかもしれない。
 
FreeCADは、[[計算科学|科学技術計算]]分野から他のオープンソースライブラリを利用することを意図している。それらの中には、(強力なCADカーネルである)Open CASCADE、Coin3D([[Open Inventor]]のクーロン)、[[Qt|Qt GUI Framework]]や、人気があるスクリプト言語[[Python]]がある。またFreeCAD自体が、他のプログラムによりライブラリとして使われることもある。
 
建設・土木({{abbr|AEC|Architecture Engineering Construction}})セクターにFreeCADを取り込み、[[BIM]]機能をArchモジュールに加える動きがあり<ref>{{cite web|title=Arch Module|url=https://sourceforge.net/apps/mediawiki/free-cad/index.php?title=Arch_Module|publisher=FreeCAD wiki|accessdate=12 May 2012}}</ref>、[[Industry Foundation Classes|IFC]]ファイルからインポートする部分的なサポートもある<ref>{{cite web|title=Arch IFC|url=https://sourceforge.net/apps/mediawiki/free-cad/index.php?title=Arch_IFC|publisher=FreeCAD wiki|accessdate=12 May 2012}}</ref>。
 
==関連項目==
{{Portal box|FLOSS|コンピュータ}}
*{{仮リンク|Open CASCADE テクノロジー|en|Open CASCADE Technology}}
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
{{commonscatCommonscat|FreeCAD}}
*[http://sourceforge.net/apps/mediawiki/free-cad/ FreeCAD]
*[http://sourceforge.net/apps/mediawiki/free-cad/index.php?title=Online_Help_Toc/jp FreeCAD](日本語)
 
{{commonscat|FreeCAD}}
 
{{DEFAULTSORT:Freecad}}
匿名利用者