「ダン・ヘイレン」の版間の差分

2007年のシーズンオフの12月14日に6対2のトレードで[[アリゾナ・ダイヤモンドバックス]]へ移籍した。アスレチックス時代に2009年までの複数年契約を結んでいたが、8月5日に2009年から4年総額4,475万ドルで契約を延長した<ref>{{cite web |url=http://sports.espn.go.com/mlb/news/story?id=3520882|title=D-backs sign All-Star hurler Haren to four-year, $44.75M deal|language=英語||work=ESPN.com |accessdate=2008年11月5日 }}</ref>。{{by|2009年}}は開幕から3試合登板した時点で、3敗・防御率1.89。[[:en:Elias Sports Bureau|Elias Sports Bureau]]によると{{by|1983年}}以降で開幕から3戦3敗・防御率が2.00以下の投手は{{by|2002年}}の[[フアン・クルーズ]]しかいないという<ref>{{Cite web|author=Associated Press|authorlink=AP通信|date=2009年4月17日|url=http://sports.espn.go.com/mlb/recap?gameId=290422129&teams=colorado-rockies-vs-arizona-diamondbacks|title=Haren gets first win this season as Diamondbacks beat Rockies|work=[[ESPN|ESPN.com]]|language=英語 |accessdate=2009年12月9日 }}</ref>。前半戦は9勝5敗・防御率2.01の成績で[[サイ・ヤング賞]]候補の一人となった<ref>[[出野哲也]] 「サイ・ヤング賞/ナ・リーグ編 最高のエースは誰だ File:22 ダン・ヘイレン [#15 RHP]」 『[[スラッガー (雑誌)|月刊スラッガー]]』2009年12月号、[[日本スポーツ企画出版社]]、2009年、[[雑誌コード|雑誌]]15509-12、17頁。</ref>。しかし、後半戦は5勝5敗・防御率4.62と調子を落とし、サイ・ヤング賞の投票では5位に終わった<ref>{{Cite web|url=http://www.baseball-reference.com/awards/awards_2009.shtml#NLcya|title=2009 Awards Voting|work=Baseball-Reference.com|language=英語 |accessdate=2009年12月9日 }}</ref>。
 
=== ロサンゼルス・エンゼルス ===
2010年7月25日に交換トレードで[[ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム]]に移籍した。
 
{{by|2012年}}のシーズン終了後に[[カルロス・マーモル]]とのトレードで[[シカゴ・カブス]]に移籍が決まりかけたが、結局破談に終わった。エンゼルスは翌年のオプションを破棄し、ヘイレンはFAになった。[[12月7日]]に1年1300万ドルで[[ワシントン・ナショナルズ]]に移籍した<ref>[http://www.cbssports.com/mlb/blog/eye-on-baseball/21260099/report-nationals-agree-to-sign-dan-haren-for-one-year-13m Nationals finalizing deal with Dan Haren for one year, $13M] CBSSports.com</ref>
 
=== ワシントン・ナショナルズ ===
{{by|2012年}}[[12月7日]]に1年1300万ドルで[[ワシントン・ナショナルズ]]に移籍した<ref>[http://www.cbssports.com/mlb/blog/eye-on-baseball/21260099/report-nationals-agree-to-sign-dan-haren-for-one-year-13m Nationals finalizing deal with Dan Haren for one year, $13M] CBSSports.com</ref>。
 
== 年度別投球成績 ==
813

回編集