「ジョー・ブラントン」の版間の差分

編集の要約なし
|選手名=ジョー・ブラントン
|英語表記=Joe Blanton
|所属球団=ロサンゼルス・エンゼルドジャー
|背番号=56
|選手写真ファイル名=BlantonPhillies.jpg
|写真サイズ=280
|写真のコメント=フィラデルフィア・フィリーズ時代
|国籍={{USA}}
|出身地={{Flagicon|USA}} [[テネシー州]][[ナッシュビル]]
* [[フィラデルフィア・フィリーズ]] (2008 - 2012)
* [[ロサンゼルス・ドジャース]] (2012)
* [[ロサンゼルス・エンジェルス]] (2013 - )
}}
'''ジョー・ブラントン'''(Joe Blanton, [[1980年]][[12月11日]] - )は、[[アメリカ合衆国]][[テネシー州]][[ナッシュビル]]出身の[[プロ野球選手]]。フルネームは'''ジョゼフ・マシュー・ブラントン'''(Joseph Matthew Blanton)。[[投手]]、右投右打。<!--[[メジャーリーグベースボール|MLB]][[ロサンゼルス・エンェルャース]]に所属している。-->
 
== 経歴 ==
[[ケンタッキー州]]の[[フランクリン・シンプソン高校]]を卒業するまでは[[捕手]]をしていた。[[ケンタッキー大学]]進学後に投手となる。大学でのチームメイトには[[ブランドン・ウェブ]]がいる。{{by|2002年}}の[[ドラフト会議 (MLB)|ドラフト]]1巡目(全体24位)で[[オークランド・アスレチックス]]から指名されプロ入り。[[マイナーリーグ]]で実績を残して、{{by|2004年}}のシーズン終盤にメジャーデビュー、3試合に登板した
 
このシーズン終了後、緊縮財政下にあるアスレチックスは年俸総額削減のため、[[先発ローテーション]] "ビッグ3" のうち[[ティム・ハドソン]]と[[マーク・マルダー]]を他球団へ放出した。{{by|2005年}}、ブラントンは実質1年目ながら先発ローテーションに定着。[[先発投手|先発登板]]33試合は[[オークランド (カリフォルニア州)|オークランド]]移転後の球団新人記録を更新、12勝は同最多タイだった<ref>"[http://oakland.athletics.mlb.com/team/player_career.jsp?player_id=430599&y=2005 2005 Career Highlights]," ''The Official Site of The Oakland Athletics''. 2008年1月24日閲覧。</ref>。また、[[防御率]]3.53・[[WHIP]]1.217はともにリーグ10位。同じくこの年にローテーションに定着した同い年の[[ダン・ヘイレン]]やブラントンの活躍で、アスレチックスは前年より勝ち星を3つ減らしただけで済んだ(88勝74敗)。
{{by|2002年}}の[[ドラフト会議 (MLB)|ドラフト]]1巡目(全体24位)で[[オークランド・アスレチックス]]から指名されプロ入り。
 
{{by|2006年}}は16勝を挙げたが、[[安打|被安打]]が大きく増加し防御率4.82も前年より1.29悪化、リーグの先発投手平均より悪かった。{{by|2007年}}は230.0[[イニング]](リーグ2位)を投げ14勝10敗・防御率3.95を記録した。
[[マイナーリーグ]]で実績を残して、{{by|2004年}}のシーズン終盤にメジャーデビュー、3試合に登板した。
 
このシーズン終了後、緊縮財政下にあるアスレチックスは年俸総額削減のため、[[先発ローテーション]] "ビッグ3" のうち[[ティム・ハドソン]]と[[マーク・マルダー]]を他球団へ放出した。
 
{{by|2005年}}、ブラントンは実質1年目ながら先発ローテーションに定着。[[先発投手|先発登板]]33試合は[[オークランド (カリフォルニア州)|オークランド]]移転後の球団新人記録を更新、12勝は同最多タイだった<ref>"[http://oakland.athletics.mlb.com/team/player_career.jsp?player_id=430599&y=2005 2005 Career Highlights]," ''The Official Site of The Oakland Athletics''. 2008年1月24日閲覧。</ref>。また、[[防御率]]3.53・[[WHIP]]1.217はともにリーグ10位。同じくこの年にローテーションに定着した同い年の[[ダン・ヘイレン]]やブラントンの活躍で、アスレチックスは前年より勝ち星を3つ減らしただけで済んだ(88勝74敗)。
 
{{by|2006年}}は16勝を挙げたが、[[安打|被安打]]が大きく増加し防御率4.82も前年より1.29悪化、リーグの先発投手平均より悪かった。
 
{{by|2007年}}は230.0[[イニング]](リーグ2位)を投げ14勝10敗・防御率3.95を記録した。
 
シーズン途中で[[ポストシーズン]]進出が絶望的となったアスレチックスは、数年後を見据えた動きを始める。それは、主力選手を[[トレード]]で放出して見返りに相手球団の将来有望な若手選手を集めることだった。チームのエースだったヘイレンも[[アリゾナ・ダイヤモンドバックス|ダイヤモンドバックス]]へ移籍。これにより、{{by|2008年}}はブラントンがヘイレンに代わってエースとなった。こうして3月25日に[[日本]]の[[東京ドーム]]で開催された開幕戦に登板したが、6回途中3失点で降板している。
フィリーズ移籍後は4勝留まり(無敗)で計9勝12敗と初の負け越しで4年連続二桁勝利にはならなかったが、自身初出場となった[[ワールドシリーズ]]では第4戦に登板して勝利投手となり、打者としても[[本塁打]]を放った。この年フィリーズはワールドシリーズを制した。
 
{{by|2012年}}8月に[[ロサンゼルス・ドジャース]]へ移籍した。オフにFAとなった
 
12月5日、[[ロサンゼルス・エンジェルス]]と2年契約総額1500万ドル(約12億4000万円)で合意<ref>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121206-00000216-ism-base エンゼルスが2投手と契約合意</ref>。
 
== 投球スタイル ==
|20||20||0||0||0||5||12||0||0||.294||550||127.0||145||12||35||3||1||62||1||0||74||70||4.96||1.42
|-
|rowspan="56" style="text-align:center;"|[[フィラデルフィア・フィリーズ|PHI]]
|13||13||0||0||0||4||0||0||0||1.000||305||70.2||66||10||31||0||3||49||1||0||36||33||4.20||1.37
|-style="background-color:#f2f2f2"
|11||8||0||0||0||1||2||0||0||.333||180||41.1||52||5||9||0||1||35||0||0||23||23||5.01||1.48
|-
|rowspan="2" style="text-align: center;"|{{by2|2012}}
!colspan="2"|通算:8年
|206||19821||620||2||1||732||8||629||0||0||.541471||5308560||1243133.21||1332141||14122||34418||242||303||812115||214||30||63474||59768||4.3259||1.3518
|-
|rowspan="2" style="text-align: center;"|[[ロサンゼルス・ドジャース|LAD]]
|10||10||0||0||0||2||4||0||0||.333||246||57.2||66||7||16||3||0||51||1||0||32||32||4.99||1.42
|-style="background-color:#f2f2f2"
!style="text-align: center;"|'12計
|31||30||2||1||'''2'''||10||13||0||0||.435||806||191.0||207||29||34||5||3||166||5||0||106||100||4.71||1.26
|-
!colspan="2"|通算:8:9
|237||228||8||3||3||83||75||0||0||.525||6114||1434.2||1539||170||378||29||33||978||26||3||740||697||4.37||1.34
|}
* 20112012年度シーズン終了時
* 各年度の'''太字'''はリーグ最高
 
{{MLBstats |mlb=430599 |espn=6132 |br=b/blantjo01 |fangraphs=4849 |cube=B/Joe-Blanton}}
 
{{ロサンゼルス・エンゼルス}}
{{2008 フィラデルフィア・フィリーズ}}
 
813

回編集