「自家用自動車」の版間の差分

出典付ける
(出典付ける)
'''自家用自動車'''(じかようじどうしゃ)は、旅客や貨物を運送して料金を受け取り、商業的な行為をする[[事業用自動車|運輸営業用]](緑ナンバー、営業ナンバー)[[自動車]]に対して、それ以外の一般的な用途に使われる自動車をすべてこう呼ぶ。道路運送法においては、「自動車(道路運送車両法上の自動車)」のうち「事業用自動車」でないものを指すと定義されている。'''自家用車'''(じかようしゃ)、'''マイカー'''<ref>マイカーという言葉は、1961年に出版された星野芳郎著『マイカー よい車わるい車を見破る法』によって広まったとされる。CARGRAPHIC 2012年10月号206頁「THIS MONTH'S TOPIC」より</ref><ref>[http://plus.yomiuri.co.jp/article/words/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%BC 読売新聞ニュースクリップ「マイカー」とは]</ref>(my car、[[和製英語]])ともいう。英語ではmy own car
 
== ナンバープレートによる区別 ==
自宅で個人が所有する[[乗用車]]はもとより、会社などが社員の送迎や商品の集配に用いるもの、官公庁の公用車、会社の[[社用車|営業車・社用車]](商業的な運送でなく、企業のルートセールスや内部での業務用が多い)なども自家用車として扱われる。これらの自動車は有償での運送が禁止されているので、運送自体は商業的なものでなく、そのため乗用・貨物問わず[[第一種運転免許]]で運転出来る。しかし、[[緊急自動車]]に該当する車種(官公署の公用車(消防・救急・警察など)の一部、[[消防車]]、[[救急車]]、[[パトロールカー]]など)では緊急用務の際に運転する場合、一定の条件を満たす必要がある。
 
なお、会社や学校の送迎、ホテルや大規模な公衆食堂、娯楽施設専用の客の送迎、官公庁(県・市町村)が保有するバス、いわば[[自家用バス]]の場合でも大型第二種免許が必要、と一部誤解されている向きもあるが、この場合、多数の人員を運ぶ意味では[[路線バス|乗合バス]]や[[貸切バス]]とその輸送形態はよく似ているが、これらの場合は運送行為自体は[[商業]]的なものではなく、また不特定多数の[[旅客]]を対象とはしておらず、大型第一種免許で構わない。しかし、自家用バスの場合は、一部過疎地で運行されている[[廃止代替バス#80条バス|自治体による路線代替バス]]を除き、有償運送はもちろん、観光案内を兼ねた輸送や車内の音響設備にてカラオケや映画・レコード音楽などを流すことも禁じられている(車内音響設備でもテレビ放送やラジオ放送、また同乗者が個人的に持ち込む携帯用音響機器はよい)。
 
== 日本自家用自動車管理業協会 ==
自家用自動車運転士専門校<ref>[http://www.ajva.or.jp/school.html 自家用自動車運転士専門校]</ref>は、専門の運転サービス士の育成を目指し、東京都千代田区に開講した[[認定職業訓練]]による[[職業能力開発校]]である。目的は、運転サービス士を対象に講義や実地訓練、適性検査を実施し、運転サービス士の安全運転とマナーの資質向上を図り、良質なサービスを実践できる優秀な運転士を育成することである。
 
設置訓練科は運転サービス士科で、乗用車コース、バスコースの2コースがある。平成12年に開校。平成13年には東京都知事の認定を受けて認定職業訓練施設となる。平成15年からは協会加盟会社以外の者も受講が可能となる。平成18年から[[道路運送法]]改正により市町村運営の有償運送および過疎地有償運送の一種免許の運転者の要件に、自家用自動車運転士専門校の運転サービス士科を修了した者であることとなる。
 
== 脚注 ==
22,907

回編集