「石川健治」の版間の差分

 
== 略歴 ==
* [[1985年]]、[[東京大学]][[東京大学大学院法学政治学研究科・法学部|法学部]]卒業、東京大学法学部[[助手 (教育)|助手]]
* [[1988年]]、[[東京都立大学]][[法学部]][[助教授]]
* [[1998年]]、東京都立大学法学部[[教授]]
* [[2003年]]、[[東京大学]][[東京大学大学院法学政治学研究科・法学部|大学院法学政治学研究科・法学部]][[教授]]
 
== 人物 ==
「現代憲法学の鬼才」([[西原博史]])とも評される(長谷部恭男編『憲法本41』[平凡社、2001年])。学部時代、[[政治学者]]の[[篠原一 (政治学者)|篠原一]]のゼミに所属していた頃に憲法学者を目指すように薦められ、卒業後直ちに助手に就任し[[樋口陽一]]に師事する。[[カール・シュミット]]の置かれた時代状況とドイツにおける客観法の成り立ちを丹念においかけながらシュミット本来の思想を紐解き、日本の憲法学における[[制度的保障]]の議論を根底から批判した『自由と特権の距離』は、内容の難解さと審美的筆致においても、名著の誉れ高い書物である。
 
== 著書 ==
* 『自由と特権の距離――カール・シュミット「制度体保障」論・再考』([[日本評論社]]、1999年/増補版、2007年)
===共著===
*[[大石眞]]と共編『憲法の争点(新・法律学の争点シリーズ 3)』([[有斐閣]]、2008年)
*[[高橋和之 (憲法学者)|高橋和之]]・[[長谷部恭男]]と共編『憲法判例百選Ⅰ、Ⅱ(第5版)』(有斐閣、2007年)
*[[樋口陽一]]編『ホーンブック 憲法』([[北樹出版]]、1993年/第二版、2000年)
*[[横田耕一]]・[[高見勝利]]編『ブリッジブック憲法』([[信山社]]、2003年)
*LS憲法研究会編 『プロセス演習 憲法』(信山社、第二版、2005年/第三版、2007年)
 
==門下生= 共著 ===
* [[大石眞]]と共編『憲法の争点(新・法律学の争点シリーズ 3)』([[有斐閣]]、2008年)
*金井光生([[福島大学]]准教授)
* [[高橋和之 (憲法学者)|高橋和之]]・[[長谷部恭男]]と共編『憲法判例百選Ⅰ、Ⅱ(第5版)』(有斐閣、2007年)
*[[二本柳高信]]([[京都産業大学]]准教授)
* [[樋口陽一]]編『ホーンブック 憲法』([[北樹出版]]、1993年/第二版、2000年)
* [[横田耕一]]・[[高見勝利]]編『ブリッジブック憲法』([[信山社]]、2003年)
* LS憲法研究会編 『プロセス演習 憲法』(信山社、第二版、2005年/第三版、2007年)
 
== 門下生 ==
* 金井光生([[福島大学]]准教授)
* [[二本柳高信]]([[京都産業大学]]准教授)
 
{{DEFAULTSORT:いしかわ けんし}}