メインメニューを開く

差分

ライオンお笑いネットワーク

108 バイト除去, 5 年前
番組のその後
== 番組のその後 ==
打ち切り後も『お笑いネットワーク』として、週末午後に不定期放映のかたちで移動。[[関西]][[ローカル番組]]ならびに[[日本テレビネットワーク協議会|NNS]]系列局の[[番組販売]]枠として放映されていた。
しかし1999年12月に[[吉本興業]]と読売テレビの共同制作による特別番組「[[ZAIMAN]]」がスタートしてからは、放送時間帯・内容・視聴者ターゲット等が類似していることもあり、この頃から放送回数が縮小されていくこととなった。しばらくの間は並行して放送されていたが、やがて『お笑いネットワーク』の収録および放送は行われなくなり、現在では「ZAIMAN」が実質的な後継番組となっている。
 
ちなみに『お笑いネットワーク』になってからは当初読売テレビ本社スタジオが収録現場に使われ、後に大阪近辺の寄席・演芸場や貸ホールが使用されるようになり、1996年からは[[大阪府立上方演芸資料館]](ワッハ上方)内「ワッハホール」にて収録が行われていた。1978年10月からは寄席・演芸番組としてはいち早く[[ステレオ放送]]を実施。放送時間は原則30分であったが1980年代後期~1990年代前期には60分枠での放送がメインとなり、1時間番組の際には「お笑いネットワークスペシャル」とタイトルを変更して放送されていた。またこの頃には[[太平サブロー・シロー]]をレギュラーMCに据え、サブロー・シローを中心としたコミックバンドのコーナーをレギュラー企画として放送した時代があった。
220,768

回編集