「位相変調」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.3) (ロボットによる 追加: he:אפנון פאזה)
を考える。変調信号は次の式で示される。
{{Indent|<math>y(t) = C\sin\left(\omega_\mathrm{c}t + m(t) + \phi_\mathrm{c}\right)</math>,}}
ここで、<math>m(t)</math>は位相によって変調されたことが分かる。位相変調は、搬送波の周波数が変調信号の時間微分となっている、周波数変調の特別な場合であるといえる。
 
==デジタル変調の種類==
匿名利用者