「浜本宏」の版間の差分

m
style
m (style)
{{Future election|2012|12|16}}
{{日本の国会議員|衆議院議員 浜本 宏<br>
|衆議院議員 浜本 宏
|{{生年月日と年齢|1952|4|22}}
|[[兵庫県]][[神戸市]]
|[[関西大学]]大学院法学研究科博士前期課程修了<br>
|法学修士
|芦屋大学教授
|外務委員会
|有<br />父・浜本誠一(神戸市議会議員)<br />母・浜本りつ子(神戸市議会議員・議長)
|[[比例近畿ブロック]]
|1回
|http://www.hiroshihamamoto.com/ 民主党 浜本宏}}
 
'''浜本 宏'''(はまもと ひろし、[[1952年]][[4月22日]] - )は、[[日本]]の[[法学者]]、[[政治家]]。[[民主党 (日本 1998-)|民主党]]所属の[[衆議院議員]](当選1回)
[[民主党 (日本 1998-)|民主党]]所属の[[衆議院議員]](当選1回)。
 
== 概要 ==
[[兵庫県]][[神戸市]]出身。両親が共に政治家という家庭に育つ。[[兵庫県立御影高等学校]]、[[関西学院大学]][[法学部]]法学科卒業、[[関西大学]]大学院法学研究科博士前期課程修了。その後、[[永江一仁]]衆議院議員の議員秘書を経て、[[京都大学]]法学部研修員となる。この時、[[高坂正尭]]に師事。その後、[[芦屋大学]]臨床教育学部国際コミュニケーション教育科教授ならびに芦屋大学・芦屋女子短期大学キャリア支援センター長を務める。また、民主党兵庫県連常任幹事も務めた。
 
2009年に行われた[[第45回衆議院議員選挙]]に比例近畿ブロックより出馬し、初当選。現在、民主党兵庫県連幹事長代理。
 
== 兵庫1区公認問題 ==
2005年の衆議院選挙での惨敗の後、党本部は「65歳以上の元職の公認を原則行わない」と表明した。(その後、この内規は[[田中慶秋]]らの公認によりなし崩しとなる。)このため、当時兵庫県第1区の候補者だった[[石井一]]は当時71歳だったため公認が難しい状況となった。石井が2007年に行われた第21回参議院議員選挙に比例区から出馬し当選したこともあって後任候補の選定が進められた。その課程で連合兵庫が推す浜本と保守系議員が推す加藤修兵庫県議が名乗りを上げ、双方が譲らぬまま対立が深まる事態となった。2008年に民主党兵庫県連は浜本の兵庫県第1区公認を党本部に申請するも却下された。このため、浜本は兵庫県第1区からの出馬を断念。再協議の末、無戸籍児問題訴訟などで知名度の高かった[[井戸正枝]]兵庫県議が公認候補となり、党本部もこれを了承した。これを受け、加藤も出馬断念を表明した。
 
*[http://www.hiroshihamamoto.com/ 民主党 浜本宏](公式サイト)
 
{{DEFAULTSORTデフォルトソート:はまもと ひろし}}
 
{{DEFAULTSORT:はまもと ひろし}}
[[Category:衆議院議員]]
[[Category:民主党の国会議員]]
58,123

回編集