「ステファニー・グリフィス=ジョーンズ」の版間の差分

編集の要約なし
| death_date =
| nationality =
| institution = (機関)<br/>政策対話イニシャティブ<br/> 海外開発研究所<br/>[[サセックス大学]]開発調査研究所(IDS)
| field = [[国際金融]]論<br>[[開発経済学]]
| alma_mater = [[チリ大学]] <small>(B.A. 1971年)</small><br>[[ケンブリッジ大学]] <small>([[Ph.D.]] 1981年)</small>
*1980年代のラテンアメリカ債務危機は地域の経済発展に対し否定的効果を示した。彼女は、ラテンアメリカとアフリカ・サブサハランに対する債務救済の主導者であった。
===グローバル資本フロー===
*1990年代、Ricardo Ffrench-Davis(リカルド・フレンチ=デイビス(Ricardo Ffrench-Davis)と資本規制や[[金融危機]]の問題を主張した。彼女は、ラテンアメリカがどのように不安定な資本フローを抑制し、管理するかという議論に貢献した。また、資本規制のような十分な措置が実行できない場合の金融危機のリスクを警告した。
*1990年代半ばから、過度で不安定な資本供給国の資本フロー規制を主張し始め、1998年の著書(Global Capital Flows: should they be regulated?, 1998年)でさらに議論した。
===国際金融アーキテクチャー===
*1992, Debt, Cross-Conditionality and Banking Regulations, edited with Ennio Rodriguez, Macmillan, 1992
*1986, Debt and Development Crises in Latin America: The End of An Illusion, with Osvaldo Sunkel, Oxford University Press, 1986
===編著の章===
*2010, “Agenda and Criteria for Financial regulatory Reform” with Jane D’Arista in Griffith-Jones, Ocampo and Stiglitz (eds.), Time for a Visible Hand: Lessons from the 2008 World Financial Crisis, Oxford University Press
*2008, "The Pro-cyclical Impact of Basle II on Emerging Markets and its Political Economy" with Avinash Persaud, in Stiglitz and Ocampo (eds.), Capital market liberalization and Development, Oxford University Press
匿名利用者