「ローリング」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎旋回によるローリング: 誤記修正 こりゃ酷い)
「左右に回転」と表現されることもあるが、ローリングはX軸回転であり、一方、Z軸回転であるヨーイングも左右の回転と言える(機首は水平面上を左右に動く)。
 
特に、[[航空機]]、[[船舶]]、[[自動車]]について言うことが多く、ロール量は[[度 (角度)|角度]]で表される。ロール方向の動きに制限の少ない航空機では、90度、180度、360度ロールなども可能である。機体の中心軸の回転運動成分をローリング、その回転角度をロール角という
 
なお、[[道路|路面]]、[[線路 (鉄道)|線路]]の傾き([[カント (路線)|カント]])や、[[二輪車]]で車体を傾ける操作など、ロール方向の傾斜を'''[[バンク]]'''(bank)と呼ぶこともある。
24

回編集