「ゴンドワナ大陸」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (r2.7.2+) (ロボットによる 追加: tl:Gondwana)
m編集の要約なし
 
== 生物の分布との関連 ==
古生代[[ペルム紀]]の植物である[[グロッソプテリス]]はゴンドワナ大陸に生育していたことで知られ、その[[化石]]は南アメリカ、アフリカ、インド、南極、オーストラリアの各地で発見される。また、この地域に分布域を持つ生物をゴンドワナ要素という。たとえば[[肺魚]]はアフリカとオーストラリア、それに南アメリカにそれぞれ別属が分布し、典型的なゴンドワナ要素である。この他、植物では[[バオバブ]]がアフリカ、マダガスカル、オーストラリアに分布している。このようにゴンドワナ要素は現在の南半球の大陸に[[隔離分布]]する。それらは新生代初期までに出現した陸上生物と考えられる。
 
=== ゴンドワナ系の生物の例 ===
* [[カメ]]類の[[曲頸亜目]]
* [[平胸類]]
* [[アベリサウルス]]類
 
== 関連項目 ==
* [[エドアルト・ジュース]]
 
{{プレートテクトニクス}}