「砂川国夫」の版間の差分

編集の要約なし
同年吉祥寺北口にある沖縄料理屋「ニライカナイ」にて初の単独ライブを行う。全曲宮古民謡でのステージであった。
 
2004年8月 自らのプロデュースによるイベント「島唄巡り ~奄美 沖縄 宮古 八重山~」を六本木の沖縄ライブ酒場「島唄楽園」にて開催。出演者は、井出宏則(奄美民謡)、矢島敏)沖縄民謡)、蔓木忍(八重山民謡)および砂川であった。各島の民謡を聴きながらその島を旅しているように楽しんでもらおうというコンセプトのもと、出演者がそれぞれの島の民謡を歌い、島のことを語るという企画であった。フィナーレの「八重山六調~張水のクイチャー~奄美六調~唐船ドーイ」の各島の踊り歌のメドレーによるカチャーシー大会では客席はもちろん、お店のスタッフも総出で踊りだし、大盛り上がりのなか大成功をおさめた。この模様は「週朝日」に掲載され大きな話題となり、翌年(2005年8月)にもこのイベントは開催された。
 
2005年 帰沖の準備のために半年間沖縄本島に暮らす。その際に沖映通り沿いの民謡居酒屋「豚々美」(後に閉店)や国際通り傍の「島唄カフェ まるみかなー」(同)にて初の沖縄でのライブを行う。
 
== 作品 ==
;*シングル
** なりやまあやぐ c/w 豊年の歌 家庭和合(2009年11月15日)
 
 
 
{{Singer-stub}}
匿名利用者