「脊髄小脳変性症」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.5.4) (ロボットによる 追加: bg:Спиноцеребеларна атаксия)
'''脊髄小脳変性症'''(せきずいしょうのうへんせいしょう、英:Spinocerebellar Degeneration (SCD))は、運動失調を主な症状とする[[神経変性疾患|神経疾患]]の総称である。[[小脳]]および[[脳幹]]から[[脊髄]]にかけての神経細胞が徐々に破壊、消失していく病気であり、[[1976年]][[10月1日]]以降、[[特定疾患]]に16番目の疾患として認定されている。また、[[介護保険]]における[[特定疾病]]でもある。
 
__TOC__
== 概要 ==
10万人に5~10人の割合で発症すると推定されている。人種、性別、職業による発病の差は認められていない。
 
== 種類 ==
;=== 孤発性 ===
*皮質性小脳萎縮症
*[[多系統萎縮症]]([[オリーブ橋小脳萎縮症]])
 
;=== 遺伝性 ===
#[[常染色体]][[優性遺伝]]
#*脊髄小脳失調症1型(SCA1)
{{節stub}}
;SCA31
:第16番染色体長腕連鎖型常染色体優性遺伝脊髄小脳失調症(16q-ADCA)とも言われている。感覚障害を合併するSCA4と同じ第16番染色体長腕に責任遺伝子座が同定されている。世代間で4.9年の軽度の表現促進現象が示唆される、純小脳失調症を示すSCAである。日本の常染色体優性遺伝脊髄小脳失調症の中ではSCA6、SCA3、DRPLAと並んで多い疾患である。同じ純小脳失調症を示すSCA6と同様に高齢発症であり、臨床症状から両者の鑑別は困難である。高齢発症で極めて緩徐に進行するため、家族歴に患者自身が気がつかないこともある。
 
== 症状 ==
<references />
 
== 関連項目 ==
*[[神経学]]
 
== 外部リンク ==
*[http://www.imasy.or.jp/~hsdl/mnd/scd.html 神経難病解説-脊髄小脳変性症-]
*[http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/059.htm 難病情報センター|脊髄小脳変性症 特定疾患情報]
 
{{medical-stub}}
{{DEFAULTSORT:せきすいしようのうへんせいしよう}}
[[Category:特定疾患]]
[[Category:神経変性疾患]]
[[Category:脳神経疾患]]
{{medical-stub}}
 
[[be:Спінацэрэберальная атаксія]]
匿名利用者