「2進接頭辞」の版間の差分

m (r2.6.2) (ロボットによる: カテゴリ変更 fa:پیشوندهای باینریfa:پیشوندهای دودویی)
[[フロッピーディスク]]の容量では2進接頭辞とSI接頭辞の混合した単位が使用される場合がある。2HDフロッピーディスクの、(512バイト/セクタ)×(18セクタ/トラック)×(80トラック/面)×(2面)フォーマットの容量はしばしば「1.44メガバイト」とされるが、正確には1.44×1000×1024バイト(1440キビバイト)の容量を持っている。この場合の"メガ"は1000×1024であり、SI接頭辞でも2進接頭辞でもない。いずれかを使用するなら1.47メガバイトまたは1.41メビバイトとなる。
 
[[ハードディスクドライブ]]の容量ではSI接頭辞が使用される。これは同じハードディスクでもSI接頭辞で表示したほうが見かけの数字がより大きくなるという[[マーケティング]]上の理由からであると考えられている。例えば100ギガバイトのハードディスクドライブはおよそ100×1000×1000×1000バイト(100×10{{sup|9}}バイト)の容量を持っている。しかしOS等の表示は2進接頭辞を使用している場合が多く、100ギガバイトのハードディスクがOS上で93ギガバイト前後と表示されるなど、ハードディスクドライブの容量表示とOSでの容量表示は食い違う場合が多い。その為SI接頭辞で表した製品の箱(ケース)や説明書などに小さく「OSの表示により、容量が小さく表示されることがあります。」等と表記されていることが多い(この差分を揶揄して[[天使の取り分]]と呼ばれることがある)
 
[[ファイル (コンピュータ)|ファイル]]や電子[[ドキュメント]]の大きさは伝統的に2進接頭辞が使われる場合が多い。これはメモリへWindows格納の観点からは合理的だデフォルト、近年のメモリ制約の縮小や通信との親和性を考えそうなっていためSI接頭辞の方が良い事もあ思われる。
 
== 外部リンク ==