「幻之介世直し帖」の版間の差分

→‎制作の背景: 「はやぶさ」のスタイルについて加筆。
(→‎制作の背景: 「はやぶさ」のスタイルについて加筆。)
 
== 制作の背景 ==
本作は、これまでの時代劇とは一線を画した形で、物語やキャラクターの設定に至るまで[[アメリカ合衆国|米国]]の[[漫画]]『[[バットマン]]』を意識している。しかし、小林扮する主人公・幻之介が「はやぶさ」に姿を変えて登場する際の衣装が、[[ハヤブサ]]の頭部を模した覆面に全身黒づくめ、[[忍者]]のように背中に背負った[[打刀|長差し]]、という「[[児童向けドラマ|児童向け時代劇]]」のヒーローのごときスタイルだったため、旧来の時代劇ファンから反発を招いた。
 
このため、2[[クール (放送)|クール]]目以降は、悪党の前で装束を解いて正体を現すという設定に切り替えたが、[[視聴率]]の回復には至らなかった。
11,213

回編集