「嫦娥2号」の版間の差分

編集の要約なし
(トータティスへのフライバイ結果を記述)
{{現在進行|date=2010年10月1日 (金) 15:31 (UTC)}}
{{宇宙機
| 名称 = 嫦娥2号
| 搭載機器説明15 =
}}
'''嫦娥2号'''(じょうが2ごう/Chang'e 2)は、[[中華人民共和国]]が[[2010年]][[10月1日]]に打上げた[[月探査機]]<ref>{{cite web | url=http://www.aviationweek.com/aw/generic/story_generic.jsp?channel=awst&id=news/china092809.xml | title=China Shows U.S. Delegation Next Spacecraft | publisher=Aviation Week | date=2009-09-25 | accessdate=2009-09-29}}</ref>。中国2機目の[[オービター (探査機)|月周回機]]であり、月探査終了後は中国初の[[小惑星]]フライバイも行った
 
== ミッション ==
[[嫦娥1号]]とほぼ同設計であるが、解像度10メートルという高解像度[[CCDカメラ]]と改良した[[3Dカメラ]]を搭載するなど、いくつかの変更点がある<ref>{{cite web|url=http://www.sorae.jp/031007/3515.html|title=嫦娥2号は組立て及び試験へ、2010年末までに打上げ|pubisher=sorae.jp|date=December 28 - 2009|accessdate=2010-07-17}}</ref>。[[嫦娥1号]]よりも低い月軌道の高度100kmで観測を行い<ref>{{cite news | last = Bodeen | first = Christopher | title = China to launch second lunar probe next October | url = http://www.google.com/hostednews/ap/article/ALeqM5iZBB3YlRbLgxnFO4CJ0cYG-IQ5qwD9C7KS800 | agency = Associated Press | date = 27 November 2009 | archiveurl = http://www.webcitation.org/5lbDCuldI | archivedate = 27 November 2009 | accessdate = 27 November 2009}}</ref>、撮影された画像は、中国初の月着陸機[[嫦娥3号]]の着陸地の選定にも使用される予定である<ref name="031007/3866">{{cite web|url=http://www.sorae.jp/031007/3866.html|title=2010年10月に「嫦娥2号」を打ち上げ、衝突体の発射も|pubisher=sorae.jp|date=May 8 - 2010|accessdate=2010-07-17}}</ref>。
 
2010年5月の中国宇宙飛行基金受賞大会では、月面に向けて[[インパクター|衝突体]]を発射する予定であることが明らかにされた<ref name="031007/3866"/>が、このようなことは行われなかった。
 
== 運用 ==
2010年の[[国慶節]]([[建国記念日]])である10月1日に[[長征3号|長征3号C]]によって打ち上げられた<ref>{{Cite news
|url=http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1001&f=national_1001_231.shtml
|accessdate=2010-10-01
|language=日本語
}}</ref>。嫦娥2号はのまま直接月に向かって飛行し、数回の軌道補正マヌーバを行った後、10月6日に月周回楕円軌道(周期約12時間)に投入された<ref>{{Cite news|url=http://www.sorae.jp/030809/4157.html|title=中国、2機目の月周回探査機「嫦娥2号」を打ち上げ|newspaper=sorae.jp|accessdate=2010-10-01}}</ref>。その後北京航空飛行管制センターは数回の軌道修正を行い、「嫦娥2号」を周期約118分のミッション軌道(使命軌道)に遷移させた<ref>{{Cite news|url=http://www.sorae.jp/031007/4165.html|title=「嫦娥2号」、月周回軌道投入成功|newspaper=sorae.jp|accessdate=2010-11-08}}</ref>。
 
10月28日午後6時25分(北京時間)に、月面から高度 18.7km まで接近して、[[虹の入り江]]地域を撮影した<ref name="sechina">{{Cite news|url=http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1108&f=national_1108_104.shtml|title=嫦娥2号撮影の月面写真を公開、温首相出席して除幕式=中国|newspaper=サーチナ|accessdate=2010-11-08}}</ref>。この写真は11月8日に公開され、同写真の除幕式には[[温家宝]]首相も出席した<ref name="sechina"/>。
 
予定していた回数よりも少ない噴射で高い精度の軌道を得ることが出来たので、余った推進剤で[[月周回軌道]]を離脱させ、太陽-地球[[ラグランジュ点|L2]]に送り込むことになった<ref name="serchina02">{{Cite news|url=http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0831&f=national_0831_085.shtml|title=中国の月探査機「嫦娥2号」がラグランジュ2に到達…高精度保つ|newspaper=サーチナ|accessdate=2011-09-01}}</ref>。2011年6月8日と9日にスラスターを噴射させ月周回軌道を離脱、6月20日に軌道修正を実施した<ref name="serchina02"/>。同月25日に太陽-地球L2に到達<ref name="serchina02"/>。今後寿命が尽きるまで、宇宙空間探査を行う予定とした<ref name="serchina02"/>。
 
 
2012年4月15日に[[地球近傍小惑星]] (4179) [[トータティス_ (小惑星)|トータティス]]とのフライバイを目指してL2点を出発した。2012年12月13日の北京時間16時30分にトータティスに最接近し、3.2km の距離を相対速度 10.73km/s で通過した(トータティス自体は、この前日に地球に最接近している)。国家国防科技工業局は12月15日に探査成功を発表、93-240km 離れた距離から撮影した解像度の高い写真を公開した<ref>{{cite news
| title = Chang'E 2 imaging of Toutatis succeeded beyond my expectations!
| url = http://www.planetary.org/blogs/emily-lakdawalla/2012/12141551-change-2-imaging-of-toutatis.html
| publisher = Planetary Society | date = 2012-12-14 | accessdate = 2012-12-16
}}</ref>。さらに今後も次の小惑星探査として、2018年8月に小惑星 (12711) Turkmitを[[トゥクミット (小惑星)|トゥクミット]]、2020年4月から9月の間に小惑星 (99942) [[アポフィス_ (小惑星)|アポフィス]]の探査を、また2023年8-12月には小惑星175706 {{mpl|(175706) 1996 FG3)FG|3}} の探査を考えが予定されているとのこと<ref>{{cite news
| title = Update on yesterday's post about Chang'E 2 going to Toutatis
| url = http://www.planetary.org/blogs/emily-lakdawalla/2012/06150926-change2-update.html
 
[[Category:月探査機]]
[[Category:小惑星探査機]]
[[Category:中国の宇宙開発]]
[[Category:2010年の宇宙飛行]]
15,279

回編集