「とかげ座BL」の版間の差分

編集の要約なし
m (West がページ「とかげ座BL星」を「とかげ座BL」に移動しました)
{{改名提案|とかげ座BL|date=2012年11月}}
{{Sky|22|02|43.3|+|42|16|40|1000000}}
{{天体 基本
{{Infobox quasar
| 色 = クエーサー
| name和名 = とかげ座BL
| image =
| 英名 = BL Lacertae
| caption=
| epoch星座 = [[J2000.0|J2000とかげ座]]
| appmag_v視等級 = var. ~14 to ~17
| ra = {{RA|22|02|43.3}}
| constellation name分類 = [[とかげ座BL型天体]]
| dec = {{DEC|+42|16|40}}
| constellation name = [[とかげ座]]
| z = 0.07
| type = {{仮リンク|とかげ座BL星型|en|BL Lac object}}
| dist_ly = {{convert|0.9|Gly|Gpc|3|lk=on|abbr=on}}
| appmag_v = var. ~14 to ~17
| names = OY+401, VR 42.22.01
}}
{{天体 位置
'''とかげ座BL星'''(''BL Lac'')は、大きな光度変化を示す[[活動銀河核]](AGN)である。[[クーノ・ホフマイスター]]により1929年に発見された<ref>{{citation | last= Hoffmeister |first= Cuno |year= 1929 |title=354 neue Vera"nderliche|journal= Astronomische Nachrichten |volume= 236 |pages= 233 | url=http://adsabs.harvard.edu/abs/1929AN....236..233H |doi=10.1002/asna.19292361502}}</ref>が、当初は[[銀河系]]内の不規則[[変光星]]であると考えられたため、変光星の命名規則に沿った名前が付けられている。1968年、この天体は[[デービッド・ダンラップ天文台]]で観測を行ったジョン・シュミットにより、光度変化の大きな[[電波源]]として同定された。また暗いながらもこの天体を取り巻く母銀河も発見された。<ref>{{citation | last= Schmitt |first= John L. |date= May 1968 |title= BL Lac identified as a Radio Source |journal= Nature |volume= 218 |pages= 663 |url= http://www.nature.com/nature/journal/v218/n5142/pdf/218663a0.pdf |doi= 10.1038/218663a0}}</ref> 1974年、Okeと[[ジェームズ・E・ガン]]はこの天体の[[赤方偏移]]を測定し、後退速度21,000 km/s、z=0.07という値を導出した。<ref>{{citation | last = Oke | first = J. B. | coauthors = Gunn, J. E. |
| 色 = クエーサー
year = 1974 | title = The Distance of BL Lacertae | journal = Astrophysical Journal Letters | volume = 189 | pages = 5 | url = http://adsabs.harvard.edu/abs/1974ApJ...189L...5O | doi = 10.1086/181450 }}</ref>
| 元期 = [[J2000.0|J2000]]
| ra赤経 = {{RA|22|02|43.3}}
| dec赤緯 = {{DEC|+42|16|40}}
| 赤方偏移 = 0.07
| dist_ly距離 = {{convert|0.9|Gly|Gpc|3|lk=on|abbr=on}}
}}
{{天体 別名称
| 色 = クエーサー
| names別名称 = BL Lac, OY+401, VR 42.22.01
}}
{{天体 終了
| 色 = クエーサー
}}
'''とかげ座BL''' (''BL Lacertae, BL Lac'') は、大きな光度変化を示す[[活動銀河核]] (AGN) である。[[クーノ・ホフマイスター]]により1929年に発見された<ref>{{citation | last= Hoffmeister |first= Cuno |year= 1929 |title=354 neue Vera"nderliche|journal= Astronomische Nachrichten |volume= 236 |pages= 233 | url=http://adsabs.harvard.edu/abs/1929AN....236..233H |doi=10.1002/asna.19292361502}}</ref>、当初は[[銀河系]]内の不規則[[変光星]]であると考えられていたため、[[アルゲランダー記法|変光星の命名規則]]に沿った名前が付けられている。1968年、この天体は[[デービッド・ダンラップ天文台]]で観測を行ったジョン・シュミットにより、光度変化の大きな[[電波源]]として同定された。また暗いながらもこの天体を取り巻く母銀河も発見された<ref>{{citation | last= Schmitt |first= John L. |date= May 1968 |title= BL Lac identified as a Radio Source |journal= Nature |volume= 218 |pages= 663 |url= http://www.nature.com/nature/journal/v218/n5142/pdf/218663a0.pdf |doi= 10.1038/218663a0}}</ref> 1974年、Oke と[[ジェームズ・E・ガン]]はこの天体の[[赤方偏移]]を測定し、後退速度 21,000 km/s、z=0.07 という値を導出した<ref>{{citation | last = Oke | first = J. B. | coauthors = Gunn, J. E. |
year = 1974 | title = The Distance of BL Lacertae | journal = Astrophysical Journal Letters | volume = 189 | pages = 5 | url = http://adsabs.harvard.edu/abs/1974ApJ...189L...5O | doi = 10.1086/181450 }}</ref>
 
とかげ座BLは「[[とかげ座BL型天体]](BL(BL Lac 天体)と呼ばれる[[ブレーザー]]の代表的な天体である。この天体の可視光[[スペクトル]]には、[[クーサー]]に特徴的な幅の広い輝線が存在しない。しかし稀に弱い輝線が存在することもある。
 
とかげ座BLの[[実視等級]]は、比較的短期間のうちに14等から17等まで変動する。天球上での座標は[[赤経]] {{RA|22|02|43.3}}、[[赤緯]] {{DEC|+42|16|40}}である。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}
 
== 外部リンク ==
* [http://simbad.u-strasbg.fr/simbad/sim-basic?Ident=BL+Lac&submit=SIMBAD+search SIMBAD entry]
* [http://www.aavso.org/vstar/vsots/0101.shtml Variable Star of the Month AAVSO. January, 2001: BL Lacertae]
 
{{DEFAULTSORT:とかけさBLせい}}
 
[[Category:とかげ座|BL]]
[[Category:変光星クエーサー]]
[[Category:天文学に関する記事]]
 
15,279

回編集