「勲章 (日本)」の版間の差分

葵勲章にも言及されてるだろう
(葵勲章にも言及されてるだろう)
[[ファイル:Empress Sadako.jpg|thumb|right|250px|[[貞明皇后]]([[大正天皇]]の皇后)の肖像。左胸に佩用しているのは[[宝冠章|勲一等宝冠章]]の副章。右肩から左脇にかけているのは勲一等宝冠章の大綬。]]
 
===薩摩琉球国勲章前史===
日本において[[西欧]]に倣った勲章制度が定められたのは[[明治]]時代である。ただしそれ以前にも、[[幕末]]に[[薩摩藩]]が外交のため授与した[[薩摩琉球国勲章]]と、これに対抗して[[江戸幕府|幕府]]が授与を計画した[[葵勲章]]がある。[[1867年]]([[慶応]]3年)、[[フランス]]で開かれた[[パリ万国博覧会 (1867年)|パリ万国博覧会]]に日本からは初めて[[江戸幕府]](日本大君政府)、[[薩摩藩]](日本薩摩大守政府)、[[佐賀藩]]がそれぞれ参加・出展した。この際、薩摩藩は独立政権であることを示すため[[ナポレオン3世]]をはじめとするフランスの高官や各国の要人らにフランスの[[レジオンドヌール勲章]]を摸した薩摩琉球国勲章を授与して勲章外交を展開した。これが日本初の西欧的勲章ということになる。ただしこの薩摩琉球国勲章は直後に明治新政府が成立したこともあって、これが最初で最後の授与となった。
 
13,588

回編集