「OJ 287」の版間の差分

編集の要約なし
m
| 星座 = [[かに座]]
| 視等級 = 14<ref name="ned">{{cite web | title=NASA/IPAC Extragalactic Database | work=Results for OJ +287 | url=http://nedwww.ipac.caltech.edu/ | accessdate=2008-07-10 }}</ref>
| 分類 = [[:en:とかげ座BL Lac object|BL Lac object型天体]]
}}
{{天体 位置
'''OJ 287''' は、ほぼ一定の周期で爆発的な増光を見せる[[とかげ座BL型天体|とかげ座BL型]]の[[活動銀河|活動銀河核]]([[クエーサー|ブレーザー天体]])である。1891年に写真観測で発見され、[[オハイオ・スカイサーベイ]] ([[:en:Ohio Sky Survey|en]]) によって電波源であることが判明した。
 
中心部にはこれ以前に知られていた最大のものより6倍以上大きい、180億[[太陽質量]]という[[超大質量ブラックホール|超巨大なブラックホール]]がある<ref name="newscientist">{{cite news | url=http://space.newscientist.com/article/dn13166-biggest-black-hole-in-the-cosmos-discovered.html | title= Biggest black hole in the cosmos discovered| date=10 January 2008 | publisher= NewScientist.com news service | first= David | last= Shiga}}</ref>。計算上OJ 287 の[[シュヴァルツシルト半径|シュヴァルツシルト半径]]は約530億kmにもなる。これは[[冥王星]]の平均公転半径の9倍にも達する。
 
OJ 287 の{{仮リンク|光学曲線|en|light curve}}は 11 - 12 年の周期で変化し、増光の極大には2つの狭いピークがある。<ref>{{cite journal|title=A new model for the periodic outbursts of the BL Lac object OJ287| last=Shi| first= Weizhao| coauthors= Liu, Xiang; Song, Huagang| journal=Astrophysics and Space Science| volume=310| issue= 1-2| pages= 59-63| year=2007| doi=10.1007/s10509-007-9413-z}}</ref> これは、小さな(ほんの1億太陽質量ほどしかない)[[ブラックホール]]が、大きなブラックホールの周囲を 11 - 12 年で公転していることを示す。増光は、この[[連星]]系の伴星が[[近点・遠点|近点]]の前後で主星の[[降着円盤]]を突き抜ける時に観測されるのである。
15,279

回編集