「メノウ (競走馬)」の版間の差分

+xl〈{{競走馬成績}}〉,+cat using AWB
(+xl〈{{競走馬成績}}〉,+cat using AWB)
|性 = [[牡馬|牡]]
|英 = {{lang|en|Menow}}
|色 = [[馬の毛色#鹿毛|鹿毛]]
|生 = [[1935年]][[5月19日]]
|死 = [[1964年]]
1935年にハル・プライス・ヘッドリーの持つボーモントファームで生まれたサラブレッドである。メノウはハルの所有のもとで競走馬となり、彼の息子であるデュバル・A・ヘッドリー[[調教師]]に預けられた。
 
1937年の2歳シーズンは6戦3勝、とくに当時の2歳最強決定戦[[フューチュリティステークス (アメリカ合衆国)|フューチュリティステークス]]では当時の[[ダート]]6.5[[ハロン (単位)|ハロン]](約1307[[メートル]])世界レコード記録となる1分15秒20の記録で優勝している。またこのほか、[[シャンペンステークス (アメリカ合衆国)|シャンペンステークス]]では後にも何度と対戦する[[ブルリー]]を破るなど、非常に充実した内容であった。この功績により、メノウは同年のアメリカ最優秀2歳牡馬として選出された。
 
1938年、3歳となったメノウは[[アメリカクラシック三冠]]路線へと向かうことになるが、程なくして距離の壁が立ちはだかってきた。初戦の一般戦こそ快勝するものの、距離が8.5ハロン(約1709メートル)に延びた翌戦では、かつて破ったはずのブルリーに敗れて3着に終わっている。[[ブルーグラスステークス]]でもブルリーと接戦を演じるが、レコード決着の末に[[着差 (競馬)|クビ差]]の2着に敗れた。
引退後はヘッドリーの牧場で種牡馬となった。1939年に活動を開始し、生涯で32頭のステークス競走勝ち馬に恵まれるなど、それなりの成功を収めた。
 
とくに名の挙がる産駒に、1949年生まれの牡馬[[トムフール]]がいる。同馬はクラシック路線にこそ乗れなかったものの、のちにニューヨークハンデキャップ三冠達成など顕著な競走成績を残した。また種牡馬としても大成功し、のちに[[トムフール系]]と呼ばれる一大父系を築き上げた。現在残っているメノウの父系は、ほとんどがこのトムフールを通したものである。
 
このほかでは、1949年のアメリカ[[二冠馬]]となった[[カポット]]、[[セリマステークス]]などに優勝して1942年の最優秀2歳牝馬に選ばれたアスクメノウなどがいる。
:[[シャンペンステークス (アメリカ合衆国)|シャンペンステークス]]、[[フューチュリティステークス (アメリカ合衆国)|フューチュリティステークス]]
:2着 - ワシントンフューチュリティステークス
 
;1938年(3歳) 11戦4勝
:[[ウィザーズステークス]]、マサチューセッツハンデキャップ、ポトマックハンデキャップ
{{競走馬血統表
|name = メノウ
|inf = ([[ファラリス系]]/Cyllene / Cyllene 4x5x5=12.50%、 St. Simon 父内4x5=9.38%、 [[ドミノ (競走馬)|Domino]] 母内5x5=6.25%、 [[アイシングラス (競走馬)|Isinglass]] 母内5x5=6.25%)
|f = [[ファラモンド|Pharamond II]]<br />1925 青鹿毛 イギリス
|m = [[アルシバイアディーズ|Alcibiades]]<br />1927 栗毛 アメリカ
 
== 備考 ==
{{Reflist}}
<references />
 
== 外部リンク ==
* {{競走馬成績|netkeiba=000a00122b|jbis=0000335008}}
 
{{Keiba-stub}}
{{DEFAULTSORT:めのう}}
[[Category:1935年生 (競走馬)|米めのう]]
[[Category:アメリカ合衆国生産の競走馬]]
[[Category:アメリカ合衆国調教の競走馬]]
[[Category:アメリカ合衆国供用種牡馬]]
{{Keiba-stub}}
 
[[en:Menow]]
15,163

回編集