「内舎人」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
武士が任ぜられることが多くなると、その本姓と「内舎人」を略した呼称が使われる。[[源氏]]で内舎人に任ぜられた者は'''源内'''、[[平氏]]ならば'''平内'''、[[藤原氏]]は'''藤内'''、[[橘氏]]は'''吉内'''、[[紀氏]]は'''喜内'''、[[清原氏]]は'''清内'''、[[伴氏]]は'''伴内'''のごとくである。後には、実際の内舎人職や本姓に関わらず名乗られるようになった<ref name="wada74"/>。
 
[[明治]]以降、[[宮内省]]に属することとなった。宮内省では[[侍従長]]が統括する侍従職に属した。
 
現在も[[宮内庁]]の役職の一つである。
匿名利用者