「川島皇子」の版間の差分

編集の要約なし
m (間違い)
'''川島皇子'''(かわしまのみこ、斉明天皇3年([[657年]])- 持統天皇5年[[9月9日 (旧暦)|9月9日]]([[691年]])[[10月6日]]))は、[[7世紀]]後半の皇族。河島 ─ とも。[[天智天皇]]の第2子で、母は忍海造色夫古娘。妃には、[[天武天皇]]皇女の泊瀬部皇女が知られる。春原朝臣などの祖。
[[天智天皇]]の皇子。母は色夫古娘。妃は[[天武天皇]]の皇女の泊瀬部皇女。
 
天武天皇8年([[679年]])[[5月6日 (旧暦)|5月6日]]、天武天皇が[[吉野]]に行幸した際、鵜野讃良皇后(後の[[持統天皇]])列席する中、[[草壁皇子]]・[[大津皇子]]・[[高市皇子]]・[[忍壁皇子]]・[[志貴皇子]]と共に一同結束を誓う「吉野の盟約」に参加した。
天武天皇10年([[681年]])3月、忍壁皇子らと共に[[帝紀]]及び上古諸事の編纂を命じられる。
列席する中、
天武天皇14年([[685年]])正月、浄大参の位を授けられた。
[[草壁皇子]]・[[大津皇子]]・[[高市皇子]]・[[忍壁皇子]]・[[志貴皇子]]と共に、一致団結するという誓約に参加した。
天武天皇10[[朱鳥]]元([[681686年]])に、忍壁)、親友であった大津皇子達と共に帝紀編纂謀反計画任される朝廷に密告
天武持統天皇145([[685691年]]))9月に死去。越智野は、浄大参位の位を授けられ<br>
[[朱鳥]]元年([[686年]])に、親友の大津皇子の謀反計画を朝廷に密告する。
持統天皇5年([[691年]])に死去。
『[[懐風藻]]』によると、温厚な人柄であったらしい。
 
匿名利用者