「紀元前368年」の版間の差分

(en:368 BC (05:28, 17 September 2012‎‎ UTC) を翻訳)
* 前年の[[マケドニア王国]]による[[テッサリア]]への介入が成功した後に、マケドニア軍が撤退すると、[[フェライのアレクサンドロス]]の圧政は以前にも増して苛烈なものとなった。このためテッサリア人たちは[[テーバイ]]に支援を求めた。テーバイは[[ペロピダス]]を派遣したが、アレクサンドロスは約束を違えてペロピダスを捕らえ、投獄した。
* これに対して、[[エパメイノンダス]]はテーバイ軍の指揮者に復帰し、テーバイ軍を率いてテッサリアへ侵攻し、テッサリア人たちに策をめぐらせ、戦うことのないままペロピダスの解放を勝ち取った。
* 義弟[[アロロスのプトレマイオス]] ([[:en:Ptolemy of Aloros]]) の煽動により、[[マケドニア王国|マケドニア王]][[アレクサンドロス2世 (マケドニア王)|アレクサンドロス2世]]が、祝祭の最中に暗殺された。王弟[[ペルディッカス3世]]が即位したが、まだ歳若く、プトレマイオスが[[摂政]]に任じられた。
 
=== 中国 ===
匿名利用者