「パンくん」の版間の差分

編集の要約なし
(ノートでの多数決。、合意を無視。)
特に写真撮影がお気に入りの趣味<ref name="pankun" />としてテレビ番組では紹介されている。番組内では常にカメラを携帯し、気に入った風景や被写体をその場で撮影している。初期の頃は不慣れな為か、むやみにシャッターを切っただけとも思えるものばかりであったが、近年では被写体を主役としてよく捉えブレも少なくなっており、人間の作品と遜色がない程にまで成長した<ref name="ntv20101127" />。
 
;==== 好き嫌い得意不得意 ====
[[バナナ]]や[[ぶどう]]が好物である<ref name="ntv20071013">[http://www.ntv.co.jp/zoo/mori/20071013/main.html もしも大好物のブドウが大嫌いなアレに囲まれていたら…]天才!志村どうぶつ園2007年10日13日放送 「それはなんと大好きなバナナとブドウに大嫌いなヘビのおもちゃが巻付いてるというドッキリ!はたしてパンくんの反応は?フタを開けた瞬間飛び跳ねて逃げまわるパンくん。」</ref>。また、[[カップラーメン]]も器用にポットからお湯を注いで作って食べている。どうやらカップラーメンも好物の様である<ref name="ntv20090725" />。焼き芋も好物の様である<ref name="ntv20081129" /><ref name="ntv20101204">[http://www.ntv.co.jp/zoo/mori/20101204/main.html パンくんの森も冬支度編]天才!志村どうぶつ園2010年12日4日放送 「志村園長「今日はコタツの中で遊ぼうか!」 まずはジェンガ。倒れないよう、そーっとブロックを抜いていくゲーム。実はパンくん、手先の器用さとその几帳面な性格でジェンガがどんどんうまくなっているというのです! 次々とブロックを抜いていく志村園長とパンくん。するとパンくん、超繊細な指さばきで下の方のブロックを両サイド抜き取り園長を追い詰めるスーパープレイ!追い詰められる志村園長!そして志村園長がとうとうブロックを崩してしまい、パンくんの勝利!」</ref>。[[どら焼き]]も好きである<ref name="pankun" />。
一方でたとえ[[ぬいぐるみ]]でも怖がるほどに[[ヘビ]]が苦手であり<ref name="ntv20071013" /><ref name="ntv20100925" />、一度山道で遭遇してジェームズに助けられたことがある<ref name="ntv20080719a" />。
[[ジェンガ]]が得意で、チンパンジーにある手先の器用さを生かして慎重に倒さぬ様に見事にブロックを抜き取れる。『天才!志村どうぶつ園』では志村けんとジェンガをして、先述した器用さで慎重なブロックの抜き取り方次々に上手にブロックを抜き取り、志村を翻弄。最後は志村がタワーを倒してしまい、パンくんが勝利した<ref name="ntv20101204" />。
 
;==== 人の気持ちがわかる? ====
宮沢によると、舞台において、遊んでいて演技が遅れたパンくんを目撃していた劇団員が、終了後に宮沢に報告した途端、それを見ていたパンくんが慌てて宮沢に謝って来た。次回からは練習もしないのに、演技をスムーズに行うようになった。(パンくんおもしろエピソード No.5より)<ref name="pankun" />
 
 
== チンパンジーの“展示の仕方”について ==
;=== 日本の環境省の見解 ===
アメリカにおいてはチンパンジーのテレビキャスター(番組)や映画出演が多頭数を用いて行われている<ref name="jcast20071012">[http://megalodon.jp/2012-0826-1624-12/news.infoseek.co.jp/article/20071012jcast2007212189 環境省自然環境局野生生物課へのJ-CASTニュースの取材]J-CAST,2007年10月12日,「環境省自然環境局野生生物課はJ-CASTニュースの取材に対し、「TVに出ることが悪いのではなく、TVに出ている場合じゃないのでは?と言っているわけです。繁殖のための適切な飼育をするように、ということなんです」と話した。」</ref>が、日本では2005年8月5日の[[環境大臣]]の[[小池百合子]](当時)の記者会見において、パンくんの「繁殖目的での譲渡」に関して「[[絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律|種の保存法]]」<!--←長い法律名なので簡略-->の本来の目的から逸れているとして、[[公益社団法人]][[日本動物園水族館協会]](以下「日動水」と略す<!--←「動水協」「日動水協」など略称が他にもあるため-->)を通じて事情を聞くと発表された<ref>[http://megalodon.jp/2012-0819-2317-16/www.env.go.jp/annai/kaiken/h17/0805.html 小池大臣記者会見録(平成17年8月5日)]</ref>。チンパンジーは「種の保存法」によって、学術研究・展示・繁殖、その他省令で定める目的に限って許可を得ての譲渡が可能であるが<ref name=asahi20090624/>、環境省はパンくんとは明言していないながらも、チンパンジーに繁殖をさせる体制がとられていない恐れがあるとして行政指導を行っている<ref>[http://megalodon.jp/2012-0819-2334-31/www.env.go.jp/annai/kaiken/h18/0919.html 小池環境大臣記者会見録(平成18年9月19日)]</ref>。
 
ただ、この環境省の動きで、他のテレビ局が他のチンパンジーの使用を控えたと言われるが、環境省の狙いは、チンパンジーのテレビ出演そのものに反対するのではなく、時間がとられすぎている事を繁殖の懸念とした<ref name="jcast20071012" />。但し、同じくテレビに出ていた[[ゴメス・チェンバリン]]の場合は、フジテレビ広報によると「環境省にもきっちり相談してやっていた」という<ref name="jcast20071012" />。
 
;=== 日動水の見解 ===
日動水は環境省とは別に、「過度な擬人化は倫理要綱に抵触する」と業界の自主規制に基づき<ref name="env20101109" />、パンくんの取り扱いに関する見直しを園に求め、2008年、12月(毎日)又は11月(朝日)に<!--←両論併記-->園に対し退会を勧告した<ref name="mainichi20090511">[http://web.archive.org/web/20090515021716/http://mainichi.jp/select/science/news/20090511ddm016040006000c.html 毎日新聞サイト,2009年5月11日記事]</ref><ref name=asahi20090624/>。この「動物園のあり方」をめぐる指摘と退会勧告に、2009年1月、園側は「動物の様子を来場者に喜んでもらうという事業方針と相いれない」、「考え方が違い、自主退会した」<ref name=asahi20090624/>と退会した<ref name="mainichi20090511" /><ref name=asahi20090624/>。日動水会長・[[恩賜上野動物園|上野動物園]]園長の[[小宮輝之]]は、「成獣に近い希少動物のチンパンジーを見せ物にすることは繁殖活動にも影響が出る」と懸念しているが、上記の通り、法に基づいて既に環境省が園の運営の指導を行っており<ref name="jcast20071012" />、両者は物別れに終わった。
 
*[http://www.ntv.co.jp/zoo/ 天才!志村どうぶつ園(公式サイト)]
 
{{animal-stub}}
{{Pref-stub|pref=熊本県}}
{{DEFAULTSORT:はんくん}}
[[Category:2001年生]]
[[Category:著名な類人猿]]
 
{{animal-stub}}
{{Pref-stub|pref=熊本県}}
[[en:Pankun]]
[[th:ขำกลิ้งลิงกับหมา]]
匿名利用者