「円恵法親王」の版間の差分

編集の要約なし
(新規)
 
'''円恵法親王'''(えんえほっしんのう/えんけいほっしんのう、[[仁平]]2年([[1152年]]) - [[寿永]]2年[[11月19日 (旧暦)|11月19日]]([[1184年]][[1月3日]]))は、[[平安時代]]末期の[[皇族]]・[[僧]]。[[後白河天皇]]の第四皇子。母は兵衛尉平信重の娘・坊門局。通称は八条宮。
 
== 経歴 ==
無品ではあったが、[[四天王寺]][[別当]]を務め、また皇族で初の[[園城寺]][[長吏]]となるなど、父である後白河法皇の院政を仏教界から支えた。しかし、[[治承]]4年([[1180年]])の[[以仁王の挙兵]]においては、園城寺が[[以仁王]]の協力者となったことからその責任を問われ、四天王寺の[[検校]]職を停止されている。
 
その後も法皇の身辺に伺候したが、そのため寿永2年の[[源義仲]]による[[法住寺 (京都市)|法住寺殿]]襲撃([[法住寺合戦]])において義仲軍と戦うこととなり、華山寺付近にて戦死し射殺された。
 
皇族である円恵の戦死は、同じく法住寺合戦で討たれた[[天台座主]]・[[明雲]]のそれとともに当時の貴族社会に衝撃を与え、[[九条兼実]]は『[[玉葉]]』(寿永2年11月22日条)において、「未だ貴種高僧のかくの如き難に遭ふを聞かず」と慨嘆している。
4,830

回編集