メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
{{Infobox baseball player
|選手名 = カート・シリング
|英語表記 = Curt Schilling
|所属球団 =
|背番号 =
|選手写真ファイル名 = SchillingNew.JPG
|写真サイズ = 250
|写真のコメント =
|国籍 = {{USA}}
|出身地 = {{Flagicon|USA}} [[アラスカ州]][[アンカレッジ]]
|生年月日 = {{生年月日と年齢|1966|11|14}}
|没年月日 =
|身長 = {{フィートとcm (身長用変換)|6|5}}
|体重 = {{ポンドとkg (体重用変換)|235}}
|利き腕 = 右
|打席 = 右
|守備位置 = [[投手]]
|プロ入り年度 = 1986年
|ドラフト順位 = ドラフト2巡目
|初出場 = 1988年9月8日 [[ボストン・レッドソックス|レッドソックス]]戦
|最終出場 = 2007年9月25日
|年俸 =
|経歴 = <nowiki></nowiki>
*[[ボルティモア・オリオールズ]](1988 - 1990)
*[[ヒューストン・アストロズ]](1991)
*[[フィラデルフィア・フィリーズ]](1992 - 2000)
|選出方法 =
}}
'''カーティス・モンタギュー・シリング'''('''Curtis Montague (Curt) Schilling'' ', [[1966年]][[11月14日]] - )は、[[メジャーリーグベースボール]]の元選手。ポジションは[[投手]]。[[アメリカ合衆国]][[アラスカ州]][[アンカレッジ]]出身の元[[野球選手]]。フルネームは'''カーティス・モンタギュー・シリング'''。[[投手]]、右投右打
 
== 経歴 ==
{{by|1993年}}の[[フィラデルフィア・フィリーズ]](前年の[[ナショナルリーグ|ナ・リーグ]]東地区最下位)、{{by|2001年}}の[[アリゾナ・ダイヤモンドバックス]](球団創設後最短年数での優勝)、{{by|2004年}}のボストン・レッドソックス(ポストシーズンの[[ニューヨーク・ヤンキース|ヤンキース]]戦で0勝3敗からの逆転劇)と現在まで3度、"穴馬" チームにおいてリーグ優勝した経験がある。また[[ワールドシリーズ]]を3度制覇している([[2001年のワールドシリーズ|2001年]]、[[2004年のワールドシリーズ|2004年]]、[[2007年のワールドシリーズ|2007年]])。
アラスカ州アンカレッジ出身の[[ドイツ系]]アメリカ人。シャドウ・マウンテン高校を卒業後、[[アリゾナ州]][[プレスコット (アリゾナ州)|プレスコット]]のヤバパイ短期大学に入学。1985年のJUCOワールドシリーズ制覇に貢献した。
 
==経歴==
アラスカ州アンカレッジ出身の[[ドイツ系]]アメリカ人。シャドウ・マウンテン高校を卒業後、[[アリゾナ州]][[プレスコット (アリゾナ州)|プレスコット]]のヤバパイ短期大学に入学。1985年のJUCOワールドシリーズ制覇に貢献した。
 
===初期の活躍(1986年 - 2000年)===
{{by|[[1986年}}、のMLBドラフト]]で[[ボストン・レッドソックスから[[ドラフト会議 (MLB)|ドラフト]]から2巡目指名され契約を受け入団。{{by|1988年}}ボストンのマイナーから[[7月29日]]に[[マイク・ボディカー]]との交換トレードで[[ブレイディ・アンダーソン]]と共に[[ボルティモア・オリオールズ]]移籍。同年し、[[9月7日にオリオールズ]]の古巣レッドソックス戦でメジャーデビューしたが、ブロンドの髪に青いラインを入れたため保守的な[[フランク・ロビンソン]]監督を怒らせた、ということ位でしか知られていない存在だった<ref name=slugger>Tyler Kepner / [[ニューヨーク・タイムズ|New York Times]] 「カート・シリング&ジョシュ・ベケットの師弟関係 "悪ガキ" から "エース" へ」 [[吉藤宗弘]]訳、『月刊スラッガー』99号、[[日本スポーツ企画出版社]]、2006年、雑誌15509-7、10-13頁。</ref>。
 
[[ヒューストン・アストロズ]]で投げた{{by|1991年}}シーズン終了後、[[ロジャー・クレメンス]]から、「君は時間を無駄にしている」と2時間に及ぶ大説教を受けた。クレメンスから努力することの大切さを学んだシリングは、今までのやり方ではダメだと気づき、それまでとは「まったく違うアプローチ、視点、態度でゲームに臨む」ようになった<ref name=slugger/>。翌1992年、フィリーズに移籍し、それから2000年までの8年以上、フィリーズでエースとして活躍した。
982

回編集