「ナスタアリーク体」の版間の差分

編集の要約なし
[[14世紀]]中頃に、{{仮リンク|ナスフ体|en|Naskh (script)}}と{{仮リンク|タアリーク体|de|Taliq}}を元にして[[ペルシア]]で開発されたもので、ペルシア書体(ファールスィー体)ともいう。流麗な曲線美に特徴がある。特に[[サファヴィー朝]]、[[ムガル朝]]、[[オスマン帝国|オスマン朝]]では[[ペルシア語]]の[[詩文]]や挿絵付き[[年代記]]、『[[シャーナーメ]]』などの文学作品を筆写するのに好んで使われた書体でもある。
 
19世紀に[[リトグラフ]]が中東に移入されると、イランやインド方面などでは特に古典テキストの刊行される場合、活字以外に書家が石版などにナスタアリーク体で校訂したテキスト本文を書写したものが流通した。イランではさらにナスタアリーク体もつの曲線美や線の緩急を強調した[[{{仮リンク|シャキャステ・ナスタアリーク体]]|en|Shikasta Nastaʿlīq}}と呼ばれる書体が書道や[[書簡]]に用いられている。
 
[[パキスタン]]では、1990年代後半になって電子活字によるナスタアリーク体の[[フォント]]が開発・導入されるまで、[[リトグラフ]]による手書きの新聞が流通していた。
匿名利用者