「ハーシェミー・ラフサンジャーニー」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (r2.7.3) (ロボットによる 除去: diq:Haşemi Refsencani)
m
}}</ref>。父のミールザー・アリーは、[[ウラマー]]であり、イランでも有数の農業主でもあった。
 
1948年、生家を離れ、[[シーア派]]の聖地[[ム (都市イラン)|ム]]市に赴き、[[ルーホッラー・ホメイニー]]師に師事した。
 
1950年代初め、ラフサンジャーニーは、 シャー体制との闘争に初めて入った。当時、彼は、国家の独立の強化を主張したモサッデグ博士の熱狂的支持者だった。クーデタによりモサッデグ政権が倒れ、ラフサンジャーニーは当局のブラック・リストに入る。
 
1960年代、[[モハンマド・レザー・パフラヴィー]]体制は、経済状態が悪化し、政治的危機が増大する中、「白色革命」と呼ばれる社会・経済改革の実施に着手した。改革の中には[[ウラマー]]の権限を侵すものもあり、ホメイニー師はムで蜂起したが鎮圧された。蜂起の組織者は国外追放され、ラフサンジャーニーを含むホメイニー師の弟子達は投獄された。ラフサンジャーニーはその後もさらに4回逮捕されている。
 
この時期、19世紀に西洋的近代化を唱えた[[ガージャール朝]]の政治家[[アミーレ・キャビール]]の思想に共鳴し、彼の伝記を書いている。また、革命までの数年間、欧米や日本を訪問した。[[広島市]]の[[平和記念資料館]]のノートにラフサンジャーニーと思われる記名がある。旅行中、[[ヤーセル・アラファート]]とも会見したことが当局に明らかになり、再び投獄された。
 
== イラン・イスラム革命 ==
1979年の[[イラン・イスラム革命]]後、ラフサンジャーニーは内務相に任命された。この時期、イスラム革命指導者に対するテロ行為が頻繁に起きたが、彼は空手で暴漢を撃退したという噂が広まり、人気の上昇につながった。一連のテロ事件により当時の大統領[[アリー・ハーメネイー]]が負傷し、ラフサンジャーニーは、ハーメネイーのテヘラン金曜礼拝導師の座を占めることとなった。テヘラン金曜礼拝での説教は大統領職にあるものがウラマーである場合、大統領が行うものであり、政府公式声明の意味を持った。このため[[テヘラン大学]]で講義され、新聞紙に必ず掲載され、テレビおよびラジオで放送される。特にこの職務によりラフサンジャーニーは、ホメイニー師に次ぐ立場を獲得することができた。
 
1980年、ラフサンジャーニーは、マジュリス(議会)議長の席を占めた。彼は、議会をホメイニー師の側近グループに次ぐ権力機関に変え、内閣の組閣と首相の任命の際の決定権を収めることができた。
12,751

回編集