「幻之介世直し帖」の版間の差分

本作は、これまでの時代劇とは一線を画した形で、物語やキャラクターの設定に至るまで[[アメリカ合衆国|米国]]の[[漫画]]『[[バットマン]]』を意識している。しかし、小林旭扮する主人公・幻之介が「はやぶさ」に姿を変えて登場する際の衣装が、[[ハヤブサ]]の頭部を模した覆面に全身黒づくめ、[[忍者]]のように背中に背負った[[打刀|長差し]]、という「[[児童向けドラマ|児童向け時代劇]]」のヒーローのごときスタイルだったため、旧来の時代劇ファンから反発を招いた。
 
このため、2[[クール (放送)|クール]]目第12話以降は、悪党の前で装束を解いて正体を現すという設定に切り替えたが、[[視聴率]]の回復には至らなかった。
 
おりしも、本作の製作プロダクションが『[[太陽にほえろ!]]』と同じ国際放映であり(実際『太陽~』は[[東宝]]の製作であるが、東宝はTV映画を全て子会社に下請けに出すシステムであり国際放映が実質の製作を担当した)、さらに企画を出した[[岡田晋吉]][[中京テレビ放送|中京テレビ]]取締役兼制作本部長(当時。現・川喜多財団顧問)が『太陽~』の[[チーフプロデューサー]]でもあったため、「国際放映は『太陽~』だけやってりゃいいんだ!」と敗北を宣言。当初の予定の25話から1話削られることになった。
1,278

回編集