「Tomak〜Save the Earth〜Love Story」の版間の差分

m
韓国から輸入されるや否や[[韓国語]]が分からないにもかかわらずプレイを強行する者も多数現れた。<br>
韓国のゲームに対する倫理規定があまりにも厳しいので、その厳しさを逆手にとって考えられたという。<br>
その結果、2002年3月、[[サンソフト]]より日本語[[Microsoft Windows|Windows]]版発売。同年12月には[[PlayStation 2|プレイステーション2]]版も発売される。<br>
なお、「Tomak({{Lang|ko|토막}})」とは、韓国語で「切れ端」とか「断片」といった意味である。。<br>
続編としてSeed9社より『{{Lang|ko|토막}}again』が発売されたが、これは恋愛シミュレーションゲームではなくアーケード版[[シューティングゲーム]]である。<br>
336,764

回編集