メインメニューを開く

差分

 
== 歴史 ==
1980年代初頭、経営難に陥っていた[[ブリティシュ・レイランド]]社は、開発費をねん出できないことから、陳腐化し信頼性にも問題を抱えた同社の最上級車種である[[ローバー・SD1|SD1]]を刷新できない状態でいた。一方、[[1979年]]から提携関係にあった日本の本田技研工業(ホンダ)では、[[ホンダ・アコード|アコード]]の上級車種の販売を計画していたものの、高級車開発のノウハウがないことから、開発に際しお互いの思惑が一致し共同開発を行うことになった。
 
[[1985年]]ホンダよりレジェンドが先に発売され、ローバー・800は翌1986年に発売された。2.5L [[V型6気筒|V6]] [[SOHC]]24バルブエンジンはホンダ製、2L [[直列4気筒|直4]] [[DOHC]]は自社製のエンジンが搭載されていた。プラットフォームはレジェンドと同一としながら、エクステリアやインテリアは英国ローバーらしい雰囲気のものとされた。英国・上級グレードにはイギリスの名門である[[コノリーレザー]]社製レザーシートやハンドメイドで製作するウォールナットパネルが装備されるものもあった。
 
レジェンドが[[1990年]]に[[モデルチェンジ (自動車)|モデルチェンジ]]されて2世代目に移行した一方、ローバー・800は小変更マイナーチェンジを受けながらも[[1999年]]まで継続して販売された。途中[[1992年]]のマイナーチェンジ(R17系)では、フルスキンチェンジとも言うべき外板が一新され、当初のモデルに比べて丸みを帯びた外観となっている。
 
1998年に生産中止され、翌[[1999年]]になって後継となる[[ローバー・75]]が発売された。
20

回編集