「ロッド・スチュワート」の版間の差分

rv
編集の要約なし
(rv)
1970年代後半から80年代初めは『スーパースターはブロンドがお好き』が世界的にヒットした頃で、奇抜なメイクと斬新なファッションが話題を呼び、さらには数々のゴシップ記事が紙面を賑わしていた。異様なまでの注目を浴びていたことが分かるが、ロッド自身も「少し悔いが残る時期」と語っている。
 
背の高い美女が好きな彼は、彼女たちと並ぶとどうしても小さく見えてしまう。しかし、170センチどころか[[L'Arc〜en〜Ciel]]の[[hyde]]と同じ位154センチしかないらしいとの噂には我慢ならないようだ。Femalefirst.co.ukによると、スチュワートは再度、身長について言及したという。「俺に対して、世間が理解していないことがいっぱいある。俺は絶対に、154センチじゃない。“ペニー・ランカスターと一緒にいるリトル・ロッド・スチュワート”って言われるのにはウンザリしてるんだ。ほんとにイライラする。俺は[[156]]157センチ(5フィート2インチ)近くあるぜ」とジョークで交わした。ランカスターの身長は185センチあり、冗談半分に扱われている面もある。
{| class="wikitable"
|-
匿名利用者