「ベイビー・トーク」の版間の差分

編集の要約なし
m
| 興行収入 = $140,088,813<ref name="boxofficemojo">{{Cite web|url=http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=lookwhostalking.htm|title=Look Who's Talking (1989)|publisher=[[:en:Box Office Mojo|Box Office Mojo]]|language=英語 |accessdate=2011年2月24日 }}</ref> {{flagicon|USA}}<br/>$296,999,813<ref name="boxofficemojo"/> {{flagicon|World}}
| 前作 =
| 次作 = [[ベイビー・トーク2 リトル・ダイナマイツ ベイビー・トークTOO]]
}}
『'''ベイビー・トーク'''』(''Look Who's Talking'')は、[[1989年]]公開の[[コメディ]][[映画]]作品。[[エイミー・ヘッカーリング]]監督。
[[赤ちゃん]]の視点で右往左往する大人のおかしさを描写するシリーズ作品の第1作。主人公・マイキーの声を[[ブルース・ウィリス]]が当てている他、『[[サタデー・ナイト・フィーバー]]』に続くヒット作に恵まれず低迷していた[[ジョン・トラボルタ]]が本作への出演を契機に再起し、後に『[[パルプ・フィクション]]』で再び大ブレイクするに至ったことでも知られる。
 
好評を受けて[[1990年]]に主人公・マイキーの妹が生まれる続編『[[ベイビー・トーク2 リトル・ダイナマイツ ベイビー・トークTOO]]』(''Look Who's Talking Too'')、[[1993年]]にマイキー一家の飼い犬の視点で描かれる『[[ベイビー・トーク3 ワンダフル・ファミリー]]』(''''Look Who's Talking Now'')が作られた。
 
== キャスト ==
650

回編集