メインメニューを開く

差分

[[生活型 (水生生物)|水生生物]]であるが、生活史の一部を昆虫類に寄生して過ごす。
 
水中に産卵された卵は孵化し、その幼虫は水と一緒に飲み込まれ水生昆虫に寄生する。その宿主である水生昆虫が[[カマキリ]]などの陸上生物に捕食されると、その体内で寄生生活をおくり成虫になる。また、寄生された昆虫は生殖機能を失う。成虫になると何らかの方法で宿主から出て、池や沼、流れの緩やかな川などの水中で自由生活し、交尾・産卵を行う。陸上生物に寄生した場合は水中に脱出する機会に恵まれず陸上でそのまま乾燥してしまうケースも少なくない。乾燥すると外見が錆びた鉄の針金のようになり硬くなるが、水を浴びたりすると元に戻る。
 
一般的に寄生生物は宿主と運命を共にするがハリガネムシの場合、宿主が上位の生物に捕食される場合も宿主の体外に出ようとすると言われている。
 
カマキリのほかには[[カマドウマ]]やバッタにも寄生する。また、昆虫だけではなく[[イワナ]]などの魚の内臓に寄生する場合もある。
匿名利用者