「スタラ・チャルシヤ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: de:Alter Basar (Skopje))
ムスタファ・パシャ・モスクは1492年にムスタファ・パシャ({{lang|tr|Mustafa Paşa}})によって建てられたものである。バザールの上、カレ要塞の近くに建てられており、かつてはこの場所にキリスト教の聖堂があった<ref>[http://www.gomacedonia.com/mustafa_pasha.shtml GoMacedonia]</ref>。マケドニア有数の美しいイスラム建造物のひとつとして知られ、モスクにはムスタファ・パシャの墳墓、彼の娘たちの石棺、水飲み場や、その他の併設されていた建物の残滓が残されている。
 
モスクは四角形で主ドームの直径は16メートルある。ポーチは4本の支柱に支えられ、鍾乳石で装飾されており、3つの小さなドームがその上を覆っている。内装には[[イスラームの書法|イスラム書道]]などの装飾が施されている。ムスタファ・パシャ・モスクのミナレットは石灰岩で作られており、42メートルの高さがある<ref>[http://www.inyourpocket.com/macedonia/skopje/sightseeing/ottoman-skopje/Mustafa-Pasha-Mosque_29095v In Your Pocket]</ref>。
 
ムスタファ・パシャ(Mustafa Paşa)は6角形の大理石の墳墓(テュルベ)に埋葬されており、8角形の墓石の上はドーム状の屋根に覆われている。モスクの4つの壁の2つには[[ペルシア語]]の碑銘があり、ムスタファ・パシャの4人の娘のひとり、ウミ(Umi)の石碑の装飾にも同様の碑銘がある。モスクの庭にはバラが咲いており、モスクが高台にあることもあり、バザールの特徴的な景観を作り出している<ref name="culture.org.mk"/>。
匿名利用者