「クローヴィス文化」の版間の差分

編集の要約なし
[[File:Clovis Point.jpg|right|frame|クローヴィス尖頭器]]
'''クローヴィス文化'''(Clovis culture、リャノ文化複合Llano complexとも)は、後期[[氷河期]]の終わり、[[放射性炭素年代測定]]によると13000B.P.(クローヴィス層と呼ばれる地層。[[:en:Younger Dryas impact hypothesis]])から8500B.P.(B.P.は、Before Presentの略で、1950年を基点として何年前かを表す。)とされる時期に北米を中心に現われた、独特な樋状剥離が施された[[尖頭器]]を特徴とする[[ネイティブアメリカン|アメリカ先住民]]の[[石器]]文化である。[[編年]]上は、[[メソアメリカの編年|古インディアン期]]([[w:Paleo-Indians]]、ないし石期Lithic)に属し、指標となる尖頭器が、1930年代に[[ニューメキシコ州]]東部の[[ラノ・エスタカド|リャノ・エスタカード]](Llano Estacado)地方の町[[クローヴィス (ニューメキシコ州)|クローヴィス]]近郊のブラックウォーター・ドロウ(Black Water Draw)Ⅰ遺跡で[[マンモス]]の骨に[[共伴]]して発見されたことに由来する。クローヴィスの尖頭器は、[[テネシー州]]、[[ケンタッキー州]]など[[ミシシッピ川]]中流域に集中するものの合衆国全域と[[メキシコ]]でもかなり用いられており、アメリカ大陸全体に分布している。
 
クローヴィスの尖頭器は、一般的には、長さ7〜12cmで、特徴的な樋状の剥離は、基部から1/4〜1/2の長さに及んでいる。一方、基部が末広がりの魚尾形のものや、4cm程度の小型のものや、地域差もみられる。ブラックウォーター・ドロウ遺跡からはマンモスのほかに、[[ラクダ]]、[[ウマ|馬]]、[[バイソン]]などが確認され、スクレーパー、石刃、たたき石、剥片石器も出土している。[[アリゾナ州]]のレイナー(Lehner)遺跡では、9頭のマンモスの骨をはじめ、ウマ、[[バク]]、バイソンの骨が発見され、[[コロラド州]]のデント(Dent)遺跡でもマンモスの骨に伴ってクローヴィスの尖頭器が出土している。これらの遺跡はいわゆる獲物を殺して解体し、毛皮や肉をとったりした[[キルサイト]]と言われるものである。アリゾナ州のマレー・スプリングス遺跡では、尖頭器や2頭のマンモスや[[オオカミ]]、そのほか他の遺跡で発見されたものと同様な動物骨のほかに、12000点の剥片や両面調整の石器やマンモスの骨に穿孔を施した[[骨角器]]が発見された。一方で、ワパナケット8遺跡のようにのみや彫刻刀のように用いられたグレーバーやナイフ形石器、スクレーパー、剥片石器とともにおびただしい尖頭器が発見され、動物骨はまったく見られない前述のキルサイトとは異なる様相の遺跡もあり、住居跡であったと考えられている。クローヴィス人は、一般的に[[新世界]]の最初の人間の居住者と見なされていて、北アメリカと[[南アメリカ]]の全ての先住民文化の祖先であると言われている。しかしこの視点には、最近、[[チリ]]のモンテベルデ([[w:Monte Verde]])などもっと年代が古いと主張される様々な考古学的発見により異論が唱えられている。
匿名利用者