「神経膠症」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.5.2) (ロボットによる 追加: da:Gliose)
'''神経膠症'''(しんけいこうしょう、英:[[:en:gliosis|gliosis]]、グリオーシス)とは神経組織の病変部における[[星状膠細胞]]の増生。'''グリオーシス'''、'''膠細胞増多症'''とも呼ばれる。初期には肥満星状膠細胞の増加が見られ、慢性期では[[グリア線維]]の増加がみられ、[[グリア性瘢痕]](glial scar)の形成に至ることが多い。
 
== 参考文献 ==
*獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104
 
== 関連項目 ==
*[[星状膠細胞]]
*[[グリア性瘢痕]]
 
== 参考文献 ==
*獣医学大辞典編集委員会編集 『明解獣医学辞典』 チクサン出版 1991年 ISBN 4885006104
 
== 外部リンク ==
*[http://jura.jp/leuko1/reference/vocabulary/voca_02.htm ロイコジストロフィー・ネットワーク]
 
{{biosci-stub}}
{{DEFAULTSORT:しんけいこうしよう}}
[[category:病理学]]
{{biosci-stub}}
 
[[da:Gliose]]
匿名利用者