「ディアドコイ戦争」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.3) (ロボットによる 追加: ar:حروب ملوك طوائف الإسكندر)
エウメネスが太守に任じられたカッパドキアとパフラゴニアは、その時まだマケドニアの勢力下になかったために、彼はアンティゴノスとレオンナトスの力を借りて征服しようとしたが、アンティゴノスはその申し出を拒絶し、レオンナトスは後述の理由により不可能となったためにペルディッカスの力を借りて征服した。
 
紀元前322年、[[ギリシア]]では、大王の死を契機に[[アテナイ]]などで反マケドニアを掲げる反乱が発生し、これを鎮圧すべく出動したアンティパトロスが敗北するという出来事が生じていた。敗れたアンティパトロスはテッサリア地方のラミアに篭城したが、アンティパトロスを救援するためにレオンナトスが小アジアから渡海し、包囲を解いた。ただしレオンナトスはこの戦闘中に戦死した。アンティパトロスは小アジアにいたクラテロスに救援を求め、これに応じたクラテロスは途中アテネの艦隊を撃破し、さらに紀元前322年の[[クランノンの戦い]]でアンティパトロスと共にギリシア軍を破った。この後アンティパトロスはアテネに入城し、反マケドニア派を粛清・追放した。なおこの戦役は、アンティパトロスが篭城した地名から「'''[[{{仮リンク|ラミア戦争]]|en|Lamian War}}'''」と呼ばれている。
 
== 第一次ディアドコイ戦争(紀元前322年-紀元前320年) ==
=== ペルディッカスの台頭と滅亡 ===
ペルディッカスはアンティパトロスとの連携を狙いその娘との結婚を申し出たが、大王の母[[{{仮リンク|オリュンピアス]]|en|Olympias}}が彼に自分の娘、すなわち大王の妹クレオパトラとの結婚を勧めた。そこでペルディッカスはまずアンティパトロスの娘と結婚し、すぐ離婚してクレオパトラと結婚することを計画した。このことを知ったアンティパトロスはクラテロスやプトレマイオスと共に、ペルディッカスと対決する姿勢を明確にした。そこでペルディッカスは、まずプトレマイオスの打倒を目指し大王の家族を伴ってエジプトに遠征し、また彼の支援を受けていたエウメネスに小アジアで地歩を固める事を要請した。対するアンティパトロスは自身がエジプトに赴き、クラテロスを小アジアに送ってエウメネスと対戦させた。ペルディッカスは[[エジプト遠征]]の最中、彼に不満を抱いていた[[セレウコス1世|セレウコス]]らによって暗殺されたが、その二日前にはクラテロスがエウメネスによって敗死させられている([[ヘレスポントスの戦い]])。
 
ペルディッカス亡き後の帝国の体制を決定する[[トリパラディソスの軍会]]が同じ年に開かれ、その時摂政に就任したアンティパトロス主導のもとで地位と太守領の再編が行われ、同時にペルディッカス派の討伐も決定され、その任には軍の最高司令官に任命されたアンティゴノスがあたった。
匿名利用者