「坂ノ上おじゃる丸」の版間の差分

まれにカズマと喧嘩するが、すごく仲良し。「坂ノ上おじゃる丸」という名前の由来は、[[坂上田村麻呂]]。
 
性格はのんびり、まったり、わがままで自己中心的(自覚はしているが自身のチャームポイントだと思っている)で自惚れ屋。依存心が強く、甘えん坊で少々泣き虫。冷たくされると泣くこともある。食に関してはかなり卑しい。相手に対し(屁)理屈を並べ立て挑発するような言動や、情に訴えて自分の欲求を適えようとするなど狡猾な面もある。目的達成の為には手段を問わず、他人の所有物を勝手に使用したり、損壊する場合もある。
更に上記の様に(屁)理屈とを並べて挑発する際、強調して言い張るも周囲に自分の並べた(屁)理屈が受け容れられず、「違う」と責められて窮地に立たされると態度を一変し、「マロも○○じゃと思っておったのじゃ」と周囲の意見に沿うと言う卑怯な面もある。
また、コーヒー仮面([[おじゃる丸の登場人物一覧#仮面]]参照)たちに対抗し、「プリン仮面」に扮することがあるが、すべて人任せで自分はぐうたらしている。
これらは世間知らず且つ自己中心的な性格のため、書店で屏風・脇息(きょうそく)・台座の「三点セット」を出して座り読みして他の客や店主を困らせたり、「月光町ソング大会」のステージ裏でキスケが作った歌を、「先に歌った者の勝ち」と盗用して歌ったりとワガママやへ理屈を持ち出し周囲に迷惑を掛けることが多く時折周囲の怒りを買、敵に回すこともしばしばる
 
番外編でも性格は基本的にこのままであるが話によってはしっかりものだったりする<ref>第14期第54話(第1224話)「おじゃぱぱー」</ref>。
匿名利用者