「ペトロの手紙一」の版間の差分

→‎著者と成立時期の論争: 高等批評=リベラルではない。福音派でも高等批評を受け入れる人も多い。
m (r2.7.3) (ロボットによる 変更: ro:Întâia epistolă a lui Petru)
(→‎著者と成立時期の論争: 高等批評=リベラルではない。福音派でも高等批評を受け入れる人も多い。)
 
==著者と成立時期の論争==
近代以降の[[高等批評]]を受け入れる[[自由主義神学|リベラル派]]の研究者たちの間では本書簡の著者は[[ガリラヤ湖]]の漁師をしていたシモン・ペトロ本人とは思われないという見解で一致している。なぜなら、本書簡の洗練された[[ギリシア語]]がペトロその人と結びつかないことと、生前のイエスを知っていることを示す記述が一切ないからである。本書には旧約聖書からの引用が35箇所あるが、すべて『[[七十人訳聖書]]』(ギリシア語旧約聖書)からの引用である。実際のペトロは『七十人訳聖書』のような形の旧約聖書には親しんでいなかったと考えられている。[[アレクサンドリアのクレメンス]]などはペトロのために書記として勤めたのがマルコであったという。
 
本書の著者に関する仮説の一つは、書簡の終わりに現れる「[[シルワノ]]」なる人物が著者ではないかというものである。5章12節には「忠実な兄弟シルワノによってこの短い手紙を書いています」とある。そのあとの部分で「バビロンにいる人々」とあるが、当時のキリスト教徒の間で(『[[ヨハネの黙示録]]』の記述から)「バビロン」といえば[[ローマ]]のことであった。このことから考えると、本書簡の成立時期は明らかに黙示録よりあと([[90年]]~[[96年]])ではないかと考えられる。