「杣川」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎歴史: 河川名の諸説を加筆)
 
== 地理 ==
[[鈴鹿山脈]]の[[油日岳]]西麓に発し、甲賀市[[甲賀町]]で大原貯水池からの大原川を併せ、概ね北西に流れる。[[甲賀市水口町]]宇川地先で[[野洲川]]と[[合流]]する。野洲川の[[支流]]としては最大である。
 
杣川沿いは、古東海道(俗にいう[[加太越]])である[[杣街道]](現主要地方[[滋賀県道・三重県道4号草津伊賀線]])が通っていて、道は県堺を越え三重県の柘植へと通じている。
 
この流域一帯は[[古琵琶湖層]]群などの「[[ズニン]]」と呼ばれる粘土層が厚く広がり、そこを通る河川は大水でなくとも年中泥交じりで極薄く濁っている。ただ、甲賀市甲南町西部の杣川支流杉谷川の上流域は、[[花崗岩]]主の岩石地帯を貫けるので清らかな流れが見られる。一方、[[新名神高速道路]]による流域の自然への影響が心配される。
 
== 歴史 ==
文献にみられるのは古く、[[万葉集]]にはこの川の流域のことが書かれている。当時、流域一帯には[[木曾谷|木曽]]の山林にも劣らない鬱蒼とした大美林が広がっていたと伝えられている。河川名の「杣」とは、神社仏閣などの建材となる木材を供給する森林を指す。この付近は[[東大寺]]などの巨大[[木造建築]]のために用いられる木材を供給する[[杣山]]で、明確な場所は定かではないが、現在の甲南町矢川橋付近の川辺に、矢川津といわれる[[川津]]が設けられていた。これは東大寺建立の折、[[造東大寺司]]という役所の下に置かれた甲賀山作所という出先機関付属の川津で、甲賀杣が開かれてからまもなくのことだった。これにより、この川を'''“杣川”'''と呼ぶようになったと考えられている。また、河川名や由来については諸説あり、矢川神社の社号に曰く、古代には水量も豊富で流れが矢のように早かったことから'''「矢川」'''、油日神社の社号に曰く、油日川を本流とすることから'''「油日川」'''などの変遷があった。
 
== 流域の自治体 ==
 
{{river-stub|pref=滋賀県}}
 
{{DEFAULTSORT:そまかわ}}
[[Category:滋賀県の河川]]
匿名利用者