「シク王国」の版間の差分

編集の要約なし
m (r2.7.3) (ロボットによる 追加: ne:सिख सम्राज्य)
|元首等年代始1 = [[1801年]]
|元首等年代終1 = [[1839年]]
|元首等氏名1 = [[{{仮リンク|ランジット・シン|en|Ranjit Singh|label=ランジート・シング]]}}
|元首等年代始2 =
|元首等年代終2 =
跡を継いだ第6グルの[[グル・ハルゴービンド]]は先代の息子で、{{要出典範囲|date=2011年7月|父の仇を報じるために護衛兵制度など教団改革に着手した。このため、政治宗教結社が軍隊まで揃える事態になった}}。
 
第9グルの{{仮リンク|グル・テーグ・バハードゥル|en|Guru Tegh Bahadur}}はインド全土や国外にもシク教を布教活動をしようとしてムガル皇帝の[[アウラングゼーブ]]と対立し、[[1675年]]に[[デリー]]で逮捕処刑された。その跡を継いだ息子の{{仮リンク|グル・ゴーヴィンド・シン|en|Guru Gobind Singh}}は{{要出典範囲|date=2011年7月|復讐を唱えて}}ムガル帝国と本格的に軍事衝突した。その一方で嬰児殺害や巡礼参拝など{{要出典範囲|date=2011年7月|当時の悪習}}を廃止して禁酒・禁煙制を定めるなど組織の強化を図った。グル・ゴーヴィンド・シンは[[1708年]]に死去した。彼の息子はムガル帝国との戦役で死んでいたため、遺言によりこの後は聖典がグルとされることになった。
 
=== 国家へ ===
{{main|{{仮リンク|アングロ・シク戦争|en|Anglo-Sikh wars|label=シク戦争}}}}
{{未検証|date=2011年7月|section=1}}
[[File:Bataille de Sobraon.jpg|thumb|[[{{仮リンク|第1次シク戦争|en|First Anglo-Sikh War|label=第一次シク戦争]]}}の帰趨を決した[[{{仮リンク|ソブラーオンの戦い]]|en|Battle of Sobraon}}]]
[[1839年]]にランジート・シンが死去すると再びシク教国では内紛が起こった。今度は英雄が現われることはなく国家は深刻な内乱状態に陥った。
 
この頃、ムガル帝国の衰退に乗じて[[イギリス]]がインドにおいて勢力を拡大していた。そのイギリスにとって{{要出典範囲|date=2011年7月|精強な洋式軍隊を抱えていたシク教国は脅威であり、強力な指導者を失って内乱を起こしていたのを好機とばかりに}}[[1845年]]から侵攻を開始した({{仮リンク|第1次シク戦争|en|First Anglo-Sikh War|label=第一次シク戦争}})。シク教国ではさすがに{{要出典範囲|date=2011年7月|内紛をひとまず収束させてイギリスと戦ったが内紛の傷跡は深刻で連携がとれず}}、また強力な指導者を欠いていたために[[1846年]]の{{仮リンク|ソブラーオンの戦い|en|Battle of Sobraon}}でイギリス軍に敗れると{{仮リンク|ラホール条約|en|Treaty of Lahore}}を締結して講和(降伏)することを余儀なくされた。この条約でシク教国は[[カシミール]]地方をイギリスに譲渡し、またイギリスの駐在官を受け入れその施政を受けることを余儀なくされた。
 
{{要出典範囲|date=2011年7月|このためシク教国で反英感情が高まり}}、1848年にイギリスに対して反乱を起こした({{仮リンク|第2次シク戦争|en|Second Anglo-Sikh War|label=第二次シク戦争}})。だが{{要出典範囲|date=2011年7月|一次と同じく強力な指導者を欠いていたシク教国軍は連携が取れずにイギリス軍に敗れ}}、残りの領土を全てイギリス領として併合された上にイギリスの命令で小国に分割され、[[植民地]]となり、{{要出典範囲|date=2011年7月|シク教国は事実上滅んだ}}。
 
== 参考文献 ==
匿名利用者