「銅アンモニアレーヨン」の版間の差分

各反応式を記入
(各反応式を記入)
(各反応式を記入)
銅アンモニアレーヨンの生産には'''銅アンモニア溶液'''(シュバイツァー溶液)を用いる。この溶液は[[硫酸銅]]に[[アンモニア]]水を加え、塩基性硫酸銅とし、[[水酸化ナトリウム]]を加えることで作られる。この溶液は銅アンモニア[[錯体]]が生じ、[[セルロース]]を[[溶解]]させることができる。この[[セルロース]]を溶解させた銅アンモニア溶液を[[酸性]]の水中に押し出すことで、[[セルロース]]が再生し、[[繊維]]を生じる。各反応は次のとおりである。
 
:<math>\rm* Cu(OH)_2<sub>2</sub> + 4NH_3 \longrightarrow [Cu(NH_3NH<sub>3</sub>)_4<sub>4]</sub>(OH)_2<sub>2</mathsub>
* 2(C<sub>6</sub>H<sub>10</sub>O<sub>5</sub>)<sub>n</sub> + n[Cu(NH<sub>3</sub>)<sub>4</sub>](OH)<sub>2</sub> → {(C<sub>6</sub>H<sub>9</sub>O<sub>5</sub>)<sub>2</sub>[Cu(NH<sub>3</sub>)<sub>4</sub>]}_n + 2nH<sub>2</sub>O
:<math>\rm 2(C_6H_10_O_5)_n + n[Cu(NH_3)_4](OH)_2 \longrightarrow {(C_6H_9O_5)_2[Cu(NH_3)_4]}_n + 2nH_2O </math>
* {(C<sub>6</sub>H<sub>9</sub>O<sub>5</sub>)<sub>2</sub>[Cu(NH<sub>3</sub>)<sub>4</sub>]}<sub>n</sub> + 6nH<sub>2</sub>SO<sub>4</sub> → 2(C<sub>6</sub>H<sub>10</sub>O<sub>5</sub>)<sub>n</sub> + nCuSO<sub>4</sub> + 2n(NH<sub>4</sub>)<sub>2</sub>SO<sub>4</sub>
:<math>\rm {(C_6H_9O_5)_2[Cu(NH_3)_4]}_n + 6nH_2SO_4 \longrightarrow 2(C_6H_10_O_5)_n + nCuSO_4 + 2n(NH_4)_2SO_4 </math>
 
 
388

回編集