「三菱・グランディス」の版間の差分

m (r2.7.3) (ロボットによる 追加: simple:Mitsubishi Grandis)
*2003年[[5月17日]] 発売開始
*2003年5月17日-[[5月18日]] - 三菱自動車の新社屋と全国のディーラーにて、[[手塚プロダクション]]と共同企画の「[[アストロボーイ・鉄腕アトム|アトム]]・チャリティー」を開催したチャリティーでの寄付金総額は1505万4000円になった<ref>[http://media.mitsubishi-motors.com/pressrelease/j/corporate/detail47.html 三菱自動車、『アトム チャリティー』に参加]</ref><ref>[http://media.mitsubishi-motors.com/pressrelease/j/corporate/detail45.html 三菱自動車、新型『グランディス』成約イベントで5,018台受注]</ref>。
*[[2004年]][[5月25日]] - 一部改良を実施、同時に欧州仕様のボディ剛性強化と専用サスペンションを搭載した'''Sport-E'''を追加、同時にTCL/ASCの装備(スポーツEは標準装備、他グレードは全車メーカーオプション)、ボディカラー一部変更等の一部改良を実施
*[[2005年]][[5月24日]] - インテリアやエクステリアデザイン、装備、メカニズム、グレード名などの見直しをした大規模なマイナーチェンジを実施。4WDは車内のスイッチでFF(前輪駆動)/4WD-AUTO(4輪駆動)/4WD-LOCK(4輪駆動センターデフロック)の切り替えが可能な[[三菱・アウトランダー|アウトランダー]]、[[三菱・デリカD:5|デリカD:5]]、[[三菱・ギャランフォルティス|ギャランフォルティス]]などと同じ4WDシステムとなる。エクステリアはフロントグリルが、インテリアはカラーリングが一新された。グレードの名称は、3つあったスポーツグレードはスポーツ-Eに一本化され、エレガンス・エレガンス-Xはエクシード・エクシード-Xへ、スタンダードはMXとなった。SUV風モデルのSPORT GEAR(スポーツギア)を追加。
*[[2007年]][[7月4日]] - 一部改良。カーナビゲーションのメディアがDVDからHDDに切り替えられ、グレードの名称が、S・M・G・スポーツギアM・スポーツギアS・スポーツギアGに変更された。
*[[2009年]][[3月]] - 日本市場での販売を終了。これにより、シャリオ、同グランディスも含めて通算26年の歴史に幕を閉じる。好評な国外向けへは生産を継続。
匿名利用者